さとり世代だけど、さとり世代って超賢くね?

老害で溢れる国日本。

 

失礼しました。

 

おじい様の多い日本では今でこそあまり聞かなくなった、これだから若者は。(これって今でも使われてるのかな?)

 

という昔からの決まり文句ですが、バブル時代を経験したおじい様方はそろそろおとなしくなっているのでしょうか?(私は接点がないので分かりませんが)

 

昔は若者は金の卵と呼ばれ、人材として皆がこぞって求められたもんですから気楽に職にありつけばそのまま年功序列で給料は上がり続ける約束された安定が手に入りました。

 

私を含め、今の若者というのは大学入ってそこらの企業入っても殆ど給料が上がる事もないし、この先潰れずに勤め続けられるという保証がないんですよね。

 

これでは就職のために頑張ろうって気も失せますよね。

 

無気力です。

 

これが今の若者の現状です。

 

そもそも私は大学にすら行ってないし就職するつもりもないのですが。

 

お金がないのに付き合っても先が見えなければ恋愛も真面目な人は遠慮がちになってもおかしくはない。

 

自分一人でも楽しめればそれでいいと昔からなじみの深いスマホやアニメに浸っている事を良しとする時代ではないでしょうか。

 

高い車やいいマンション、ブランドに高級なお店に通う。

 

これは本当にお金を持ってる人間だけが暇つぶしに楽しめばいいと私は思ってます。

 

その為に倍働くとか地獄ですから。

 

平凡に働いて平凡に生きればよいと学校で教えられますが、そんなんで幸せが手に入る訳ないと誰もが気付いているんですよ。

 

何をあてにすればよいのやら、回り回って夢がないというのは悪い事でもない気がしてる人もいそうですね。

 

とにかく、国に生活が保障されてない以上は自分らで何とかするしかないけどどうしようもなくね?

 

ってのがさとり世代だと思います。

 

誰よりも現実を見ているのでどの世代よりも賢いのではないでしょうか?