親切と同調圧力について。

 

貴方は親切な人でしょうか?

 

親切とは一体何でしょう?

 

調べてみたら、

 

 好意をもって人のためにあれこれと計ってやること。

 

 との事。

 

では、最近した親切について考えてください。

 

いくつありました?

 

その親切には好意を持ってあれこれ計りましたか?

 

そう考えると親切ってかなりハードル高く聞こえますね。

 

例えば日本は犯罪がとても少ない国です。

 

ただ、犯罪したらどうなるでしょうか?

 

自分だけでなく、家族や周囲の人間に迷惑をかけますよね。

メディアでは失敗した人を叩くのが大好きですし、犯罪者の関係者なんて問答無用にいい獲物です。

 

日本でニュースになった犯罪者の家には殺害予告が届くそうです。

 

対してアメリカでは逆に親に対する励ましの手紙が届くそうです。

 

親の精神面を考えての事でしょう。

 

それのどちらが良いのかという話ではないですが、確実に日本では悪さ=社会的の死に繋がるイメージがあります。

 

するとなかなか悪さできませんよね。

 

国全体が村八分みたいな文化です。

 

お互いに監視し合っているのです。

 

ただし、最近の老人は若者以上にお客様気質でのマナーの悪さが目立ちます。

 

若者も電車で老人が立っていても席を譲らない人が多いそうです。

 

外国のある国ではお年寄りがいれば労わって席を譲る人が多く、老人は年を取るほど穏やかで器が大きいです。

 

また、店員にはありがとうと言います。

 

それを出来ないのはなぜでしょうか?

 

私は人に親切をすると舐めた態度を取る人がいます。

 

そういう人には厳しく接してよいと思いますが、そもそも嫌な思いするリスクを考えると行動しないほうが良いと思う人が多いのではないでしょうか?

 

日本人は遺伝子からリスクをとても恐れる人種です。

 

リスクを無視して行動できる人が少ないのは良かれ悪かれ治安は良いが、心地よいとはっきり言うには少し考えてしまいます。