独断と偏見の心理分析

心理学を独学しています。脳科学にも興味あり。

都会暮らしで病んでる都会人へ、鬱の解消方法

都会というのは自然が少なかったり、落ち着きがなく余裕がなくなったりしがちではないでしょうか?

 

働くサラリーマンなんかよく見かけますが険しい顔して緊張で強張っていますね。

 

この緊張状態が感染して長い間晒され続けていると今まで保っていたストッパーが外れやすくなり、なにかとチクチク感じやすくなります。

 

なので定期的に濁った水を入れ替えるように新しい新鮮な体験をしてメンタルを入れ替えると良いです。

 

都会からは出来るだけ離れて地方の気の抜けた場所に行ってみましょう。

 

何もしなくてもいいのでとにかく移動しましょう!

 

都会の空気から離れるだけで一番感じるのが解放感です。

 

都会と言うのはあらゆる場所からたくさんの人が寄せ集まってお互いに空気を読み合って息苦しい傾向にあります。

 

地方は昔から根付いている空気のままゆったりとしているので人々の顔の表情も緩くあちこちから懐かしいような楽しそうに会話する声が聞こえます。

 

そして良さそうな場所があったらちょっとしたイベントとしてどこかのお店に入るのもいいですがそこら辺を散歩して帰ってくるのもいいです。

 

東京に戻ると大きな変化を感じられるはずです!

 

視界がはっきりとして眺めがよくて明るくないですか?

 

そう感じたとしたら普段がよっぽど疲れているという証拠です。

 

人が見る世界はその人の心を表していて緊張感に包まれていると周囲の人間も緊張してしまいます。

 

もたもたするのも良くないので少し気を抜きながら常に7割の力で動いてみましょう。

 

100%なんて出したら燃え尽きてしまうのでゆとりを持って脱力しながら休憩挟んで行動するのが一番結果を出せるそうです。