鈍感力、あえて鈍くある事で得られるメリット。

とても言いにくいのですが私はある程度の物事を理解するようになってからうつ病になった事があります。

 

勉強に熱心で何でも知ろうと冒険が楽しくて仕方がなかったあの頃から知識が身に付いて物凄く念入りに行動をためらうようになりました。

 

エネルギーをため込むって感覚は大人になるにつれて皆さんも経験しているのではないかと思いますが必要以上にため込んでしまうと疲れてはしまわないでしょうか?

 

そこでため込む以前に素通りさせてしまう鈍感力という必要性に気付きました。

 

鈍感と言えば事なかれ主義のような問題を先送りにしてないものとしてしまう嫌なイメージが強くて私は常に敏感でどのような物事も見ぬふりはせずにまっすぐに向き合おうとしていました。

 

今思えばかなり疲れます。

 

見るべきものとそうでないものに分けて自分に必要な物を厳選してみる所だけしっかり見ておけばあとは適当でいいじゃないかと悟りました。

 

人は一日に選択できる量に限界があります。

 

スティーブジョブズは発明に必要でない判断を遮断するために自宅には最低限以外何も置かなかったし服なんてずっと同じデザインを回してき続けていたのは有名です。

 

これと決めた目標があったらジョブズみたいに他は興味ないからと割り切ってしまえるかっこいい人間でありたいです。

 

何を考えているか分からない人の気持ちを探っていたりして右往左往悩み続けていましたが基本何も得られません。

 

時間が奪われネガティブな気持ちになる、そんな思いをすると最初から分かってやっていましたから自戒を込めて選択の範囲を断捨離しましょう!

 

意図的に鈍くなってしまえば何が起こってもよっぽどでない限り大丈夫です。

 

唐突ですが最近は出会いとか欲しいよなと考えます。

 

出会いと言えばこういう代表的なサイトはどうなんだろうなと思いつつ。