独断と偏見の心理分析

心理学を独学しています。脳科学にも興味あり。

罪悪感は捨てたほうがいい理由

罪悪感がない人というのは何をしでかすかもわからないですが罪悪感に囚われていると良い事が起こらないのでその解説をします。

 

罪悪感があると埋め合わせをしようとする。

罪悪感があると人は過ちを繰り返さないのではないかと思うかもしれません。

 

それは一理あります。

 

それと同時にもう一つの特性があります。

 

罪悪感によって自暴自棄になってしまう。

 

一線を越えてしまった勢いでもうどこにでも行ってしまえという感覚です。

 

また、一時的に無理してどうにかしようとした場合、その努力が報われなかったらその分だけとまた同じ過ちを繰り返して悪化の一途をたどります。

 

自分を許してあげましょう。