雑記マスター

自分はお金持ちになる運命にあります。来年内に億単位の金額を手にします。

スペックが高いのはいいことばかりじゃない意外な理由

頭が良いとか容姿に優れているとか努力で手に入れたスペックは高ければすべて良しでもないみたいだ。

 

あの人はイケメンでいいよなとか思う事があるようにイケメンはあいつらはブスでいいよなと一瞬にでも思う事はあるらしい。

 

例えば赤子にナイフなんて持たせる訳にはいかないように扱いを知らないで高い能力をもってしても返って自分を傷つけるリスクがある。

 

能力を数値で表したとしよう。

 

能力が高ければ数値も高くなる。

 

数値が高ければそれはプラスになっていい効果をもたらす。

 

能力高くていいじゃん!

 

これは凡人の誤解。

 

凡人の数値を仮に0としよう。

 

そこに何を足しても引いても掛けても割っても大して動かない。

 

凡人はプラスを知らなければマイナスも知らないのだ。

 

お次は高い能力を100としよう。

 

足しても引いても凡人と変化は変わらないし寧ろプラスだ。

 

そこに掛け算と割り算でその変化量が跳ね上がる。

 

けど結果プラスなら良いんじゃない?

 

プラス式は小学生で卒業だ。

 

プラスにマイナスを掛けたらどうなるだろう?

 

一気に転落だ。

 

ゼロではない。

 

数値と同じ分だけマイナスに陥る。

 

事はそう単純ではない。

 

マイナスで痛い目を見て学んだらマイナスにならない工夫をする人もいる。

 

プラスであり続けるのだ。

 

プラスはいい事だ。

 

常に全力100パーセント。

 

これって疲れないのか?

 

ゼロになりたいからとりあえずほっといて。

 

とはいかない。

 

ゼロの特権は凡人である。

 

マイナスになるか凡人になるかどちらか選ばなければならない。