強引に速読してみた。

本を手っ取り早く読んでしまえば余った時間でさらにたくさん本が読める。

だから速読がしたい!

だけど出来ないんだけどどうすればいいの?

そう思って色々と速読と名のつく本を読んでみました。

これとか

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 これとか

 

王様の速読術

王様の速読術

 

 これとか

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)

 

 選んだ基準は有名なのと評価が高いから!

読んだ内容とかいちいち覚えていないんだけど普通の読み方と違って目の動かし方が違ったり、数行もしくはページ全体を見渡すようなそんな感覚かな。

あとは視覚トレーニングとかしたから目の筋力とか必要だったりするのかな?

 

本だけじゃないよ。速読を実践する人の話を動画で見てみた。

速読って如何わしいんだよね。

本当に理解できてるのって?

だから速読を実際にやってる人を見れば何かヒント得られるのでは?と。

その人曰く、速読には何か特別なトレーニングとか何よりも読書量なんだってさ。

読めば早くなる!

それはそうだけどそれだけではなくて速読している苫米地英人さんの動画を見たことがあってそれがきっかけでこれくらい早くても読めるんだって気づいたんだって。

それから読むスピードが速くなったんだとか。

俺にも読めるんだって思いこむのが効果あるのか。

 

それらのポイントを踏まえて速読してみた!

理解するという条件付けると精神が折れるので理解しなくても読む!を実践。

一時間でとりあえず200~300ページを読破。

(これって速読?)

果たして結果は?

なるほど理解できないのは理解できないけど分かるのは何となくわかった気がする。

自分のレベルに合わせて必要な部分だけ入ってくるような感覚。

これはスピードを遅くした場合と比べて理解力は落ちるけど必要以上に無駄な場面で時間を割かないで済むので情報収集するときにはいいのかも。

小説も読んでみたけどさすがにスピードはある程度抑えないと楽しむ楽しまない以前に内容がね。

だけどいつもの倍ペースでも大衆小説位なら何となく理解できる。

極端な速読には経験値が必要不可欠ではないかと思いますが今のペースの限界の概念をぶち破ってもなんかいけそうなので早く読む意識が必要なのだと思いました。