雑記マスター

自分はお金持ちになる運命にあります。来年内に億単位の金額を手にします。

恋愛とは何か。

恋愛とは異性(例外あり)に興味を持ち始めた男女がお互いに友情とは別物の感情を抱き始めて、突き詰めればやりたいをオブラートに包みこんだ類義語です。

なぜ人は恋愛し始めるのか?

子孫繁栄する為に生き物は必死になるのです。

 

恋愛のデメリット。

恋愛をするとひどい場合には心を失います。

恋愛する前の人間には人に対して親密感とか感じますが、恋愛するとそういう感覚がマヒします。

穴があったら入りたい。

恋愛初心者は対象を人と穴との狭間で揺れ動くのですが、慣れてくると次第に穴に近づいて人間が消滅します。

これは人間性の消滅現象と呼ばれています。

こんな危険極まりない恋愛ですが多くの人はそのとりこになっています。

チョコレートはおいしいけど太ってしまう。

だけど食べるのをやめられない現象に似ていますね。

チョコレートで我慢できなければ他の対象を見つけてくるでしょうがしかし、他の対象を食したところで太らないとは限らない。

結局我慢できずにチョコレートに戻ってしまうという依存症です。

チョコレートおいしいよね。

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

 

 そんな人間消滅現象に陥った人間(筆者)はこう思います。

人間とは何なのだ?

そうして漠然とした不安に陥って入水に至るのです。

これは死の病なのだ。

だから皆恋愛しないほうがいいのだ。

そうした方が競争率が...安全だからな。

現実に恋愛を猛烈に批判する人がいたとしたら?

人が何かを猛烈に批判するときはその裏に押さえつけている欲求があるのだと思ってくれ。

それが単なる生理的不快なのかどうかは判断を任せる。

モテもしないのに女子は嫌いだと言い切る男がいたとする。

そいつは本当は女が好きで好きで仕方ないのだ。

モテる男は例外だ。

モテる男は本当に辛いのだ。

 

様々な恋愛の形。

恋愛と言ってもいろんな形がある。

例えば野原しんのすけという5歳児の少年がいる。

彼は早熟の天才型と言える。

五歳児にしては大人を凍り付かせるような鋭い視点を発揮することがある。

そして彼はなんと同い年の女には興味を示さないハードボイルドな男だ。

その遺伝子は野原ひろしという一般的なサラリーマンから引き継いでいる。

彼は綺麗なお姉さんには目がない。

 

妻であるみさえを差し置いて男というぎらついた目を常に光らせる男なのだ。

そんな彼を間近で見てきたしんのすけ少年は成長段階を飛び級して男本来の姿を先取りして身に着けてしまったのだ。

少年にはおそらく生殖能力にはないにも関わらずにお姉さんに興味を持ってしまった結果それは敵わない夢となってしまった厳しい現実に筆者は涙腺を抑えるばかりである。

これから何年もの間少年は心身の不一致に悩み苦しまされるであろう。

 

これはほんの一例だが他にもLGBTというタイプに分けられている。

LGBTは四つの用語の頭文字から作られた言葉であり、それぞれの用語は、特定の集団のメンバーや、サブカルチャー共同体に所属している人々を指すのに使用される。

レズビアン
レズビアン(L)とは、女性の同性愛者である。俗に、同性が恋愛対象になるという点を重視して、バイセクシュアルの女性を指す場合もある。
ゲイ
ゲイ(G)とは、同性愛者全般を指す言葉ではあるが、しばしば男性の同性愛者だけを指す語として用いられる。不正確ではあるが、同性が恋愛対象になるという点を重視して、バイセクシュアルの男性を指す場合もある。
バイセクシュアル
バイセクシュアル(B)とは、2つのジェンダーに性的魅力を感じる人、すなわち両性愛者を指す。
トランスジェンダー
トランスジェンダー(T)とは、“身体の性と心の性が一致しないが、外科的手術は望まない人”[1]である。

 

最近は彼らのような存在を認めるという流れにある。

日本ではまだ同性婚が認められてはいないが一部の国ではすでに同性同士の結婚が認められている。

恐らくしんのすけ君のようなケースでは現段階では様々な考慮が必要であり、非常に難しいだろう。