雑記マスター

自分はお金持ちになる運命にあります。来年内に億単位の金額を手にします。

恋愛で酷い目にあわされた人へ。

自分は3年間の間恋愛の傷を引きずっている。

この痛みは人に話せたものではないし、誰にも打ち明けられない。

だから自分一人だけがとても苦しい思いをしていると考え続けてきた。

本当に苦しいと視界がぼやけて周囲が見えなくなる。

だからここに苦しむ人間がいるのを教えようと思った。

苦しむ人はたくさんいる。

それなのに自分一人だと思って

 

苦しみに浸っても苦しみは消えない。

いちど付いた傷は、触ると痛いに決まっている。

質が悪いが心の傷は浸ってる限り永遠になくならない。

なくす方法は分からない。

分かっていたらとっくにその方法を多くの人に教えたい。

 

貴方を傷つけた人間に復讐する方法は幸せになる以外に存在しない。

復讐したら間違いなく自分も不幸になる。

より深みへと沈むだけだ。

それは復讐ではない。

自暴自棄だ。

 

貴方をを大切にする人間ならそもそもあなたを傷つけなかった。

そんな人間のために時間を浪費しないでくれ。

貴方を大切に思うふりをする人がいるがそいつは一番危険な存在だと思ってくれ。

一番大切な深いところからぼろぼろにしてくる。

貴方を利用したのだ。

貴方への愛ではなく自己愛を優先したのだ。

しかし、そんな人間を恨まないでくれ。

貴方はそんな人間と同類ではないと思うならどうでもいい存在として突き放してしまおう。

相手にしている時点で同レベルなのだ。

自分は大人で相手が未熟。

ただそれだけだった。

 

現在進行形で筆者はこの苦しみから逃れられていない。

ある時から時間が止まっている。

世の中が空虚になって愛が信じられなくなった。

愛を求めるのは仏教では愛欲と言って苦しみを引き起こす元と呼ばれている。

愛を求めるのをやめた筆者は人からこう呼ばれるようになった。

同じ人間だと思えなかった。

そんな事言われてもどうすればいいのだろう。

それでも俺は生き続ける。

周囲にいる同じ人間と思えない人は実は大きな傷を抱えているのかもしれない。

同情しなくてもいい。

だが少しは楽に思えるのではないだろうか?

読者のために断言するが、俺は自分の命を捨てたりしない。

いくら苦しんでも恋愛程度で死んだりはしない。

そんな人間がいるのだからきっとこれを見ている読者も前向きに生きていれば大丈夫なはずだ。