より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

なんのために生きるのだろう。

生き続けて生き続けて死に至るまでスムーズに終わってしまえばいい。

それを邪魔するのは思考だ。

あえてそんな事を考えるなんて愚かだとは思わないか。

 

遺伝子のリレーでたまたまバトンがわたってきただけの話。

そのバトンなんて放り投げてリレーを終わらせてしまってもいいし次の走者へとパスしてもいい。

基本的に自由だが観客の前でリレーを終わらせる勇気があるだろうか?

息を切らしながらいつになったらこのリレーは終わるのか考えるが途方もない。

だから何も考えずに走り続けるんだ。

それが一番楽に走れる。

それでも時々思ってしまう。

「なんで走るのだろうか?」

 

走り続ける事に嫌気がさしてしまえばそれだけ苦しみに意識が集中する。

それでも永遠と苦しみはなくならない。

やってられない。

意識が限界まで追い込まれるのかと思いきや脳内で快楽物質が生成され苦しみから束の間の間解放される。

それを幸せと呼んでいる。

辛いに一本刺しただけで得られる幸せ。

消費しつくすのは割と早い。

また苦しみからやりなおすのだ。

途方もないただのリレー。

そこになんの意味があるのだろう。