より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

飛び込まないから恐怖になる。

やってしまえば割と出来るし死なない。

失敗することこそに学びがあるのに恐れてしまう。

何も考えないでひとまずは飛び込んでみる事だと思うんだ。

 

失敗して後戻りできないことでないしてもいい失敗なら失敗するべきだと思う。

失敗してみれば割と大したことないんだなって思ってしまえばいい。

冷静に馬鹿の一つ覚えでも積み重ねたら前進できる。

一番恐るべきは停滞じゃないだろうか?

年を取って後悔することは挑戦しなかった事らしい。

だけど後ろを振り返らなくてもいい。

振り返る人はいつだってこうじゃないか?

十代の時にやっておけばという人が三十代四十代になっても二十代の時に三十代の時にと言い続けるのだろうか?

そしてあっという間に死に際に後悔しか残らないのだろうか?

また、引きこもりは一度はまるとなかなか抜け出せないものだがそれにはメカニズムがある。

外に出ない→なんで外に出ないのだろう?→外は出ないほうがいいのかもしれない→外は危険だ→外はとても危ない世界に違いない

このようになってしまった場合、解決する方法はこうだ。

自分が怖いと感じている特にコミュニティーのある所に飛び込んでその一部になる。

そうなってしまえば何を恐れていたのか分からなくなる。

幻想だったと気付くには本人の行動と環境選び次第だろう。

影を怖がっている子供はそれが影だと分かった瞬間に怖くなくなるように恐怖とは自分自身が勝手に作り上げてる場合が多い。

危険を察知するのは大事だが、人間は自分が避けた物を恐怖と思い込む癖がある。

ちょっとしたことから避ける習慣が出来るとそれは恐怖になる。

恐れることはない。

冷静にどう対処すればいいのかその方法はいくらでもあるはずだ。