より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

禅寺修行に行ってきました。

瞑想, 瞑想の僧侶, 上座部仏教, 宗教, 修道士, 精神的です, 仏教, 禅, 霊性, 平和, 和尚

禅寺修行とは規則正しいお坊さんの生活を体験することができます。

お経を読み上げたり座禅組んで瞑想したり毎日の同じ生活習慣から本来の自分を見つめるきっかけになります。

また、他に来ている修行者さんとの交流から新しい視点を見つけたり思ったよりも多くの発見がありました。

比較的若い人が多かったです。

 

人間関係に悩みを抱えて仕事の合間に来ている人、定年退職された人や病に悩まされている人、いろんな人がいました。

なんでこんな人がってくらい皆さんそれぞれに悩みを抱えながら苦しい現実と向かい合って生きているんだなと励まされた気がします。

貴重な体験が出来ました。

言葉では言い表せない気づきというものを多く感じられたと思います。

和尚さんが言っておられたのですが生きるとは苦しみに耐える事だというのが禅での考えらしいです。

これはネガティブに考えるのではなくてそこから人生を楽しくするにはどうすればいいのか前向きに生きればよいのだと。

確かに年を取れば理不尽を多く感じるようになってそこら辺にある幸せに気付きにくくなりました。

苦しみはあれど生きる上での楽しみはどこかにちゃんと残されています。

今やるべきことは何なのか小さなことに惑わされずにしっかりと一歩一歩を踏みしめられるといいなと思います。