より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

意味のない長期オナ禁も存在する。

 

 【スポンサーリンク】
 

オナ禁を始めてからかれこれ2~3年ほど経過する。

徐々にオナ禁日数も稼げるようになり、そして同時に怠惰に陥り真面目にオナ禁しないで妄想してしまう事も増えてきてしまった。

オナ禁において日数とは一つの表記目安でしかない。

同じ日数でもやり方によれば月とスッポンどころか長期であろうとも短期オナ禁並みの効果すら得られない。

妄想をしてしまえば精力が少し放出される。

その少しでも積み重ねたらリセット同様のリスクを背負ってしまう。

最近はどうも効果を実感できていない。

その原因がまさしく真面目に取り組んでいないという事だった。

オナ禁と言うのはやめて、次の段階、エロ禁という名を意識したほうがいいのかもしれない。

エロ禁は怠惰な人間にとって大きな障壁となる。

なぜなら怠惰でありながらエロ禁するとはバリバリに活動しまくる以上に難易度が高い。

おそらくこれは満たされた動物としての本能だろう。

人間も動物であるという事実を忘れてしまいがちだが、動物なのである。

何かに追い詰められている状況において子孫を残すだけの余裕が存在しなくなるのだが、それを取り払った平和を認識すると本能が芽生え始めてしまうのではないかと思う。

だからオナ禁を真面目に取り組むということはバリバリに活動するということになる。

それは何かに集中をしている状態、強いられている状態であればよい。

それも人の目線など、緊張感のある場所であればなおよい。

【スポンサーリンク】
 

www.hiro24.com