読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

ひとり飯なんて毎日の事じゃないか。

 

おっさんひとり飯

おっさんひとり飯

 

 

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

グルメなんて疎遠な人間で申し訳ないけど一人飯について思うことは殆どの食事を一人で飯を食べている当たり前なことについてお題にされても何を書けばいいのか戸惑ってしまう。

ひとり飯の定義として「ひとりでただぼっち飯している」じゃなくて「ひとりでちゃんとした料理を作ってそれを食べる高尚な趣味」なんて意味だったりするなら僕の考えは前者なので後者の人間を期待する方はここで読むのをやめてもらいたい。

貴重な時間を浪費させてしまって済まないと思う。

 

ひとり暮らしのズボラ飯: “裏ワザ”特急クッキング!

ひとり暮らしのズボラ飯: “裏ワザ”特急クッキング!

 

 

ぼっちめしといえば僕の過程ではみんなで料理を食べるという習慣がない。

なので台所や冷蔵庫に眠っているあらかじめ用意された料理や食材をかき集めて好きなようにつまんで食べている。

聞く人によってはなんか悲しい出来事とでも思われるかもしれないが自由に食事を取れるのは強要される感じがなくて楽だと自分では思っている。

ほんとは楽しい話とかしたいんだけどねとか言い出したらネガティブでどんよりした空気が張り詰めてしまいそうなので話の方向を変えます。

いつだって料理がちゃんと用意されているのではなくて時には料理がなかったり他の兄弟に食べられたりなんかしてる場合はさすがに仕方ない。

とはいかずに成長期の人間としては腹がすいてしょうがないので何かバキュームしたくなるものだ。

そこでちょっとした自炊に挑戦するようになったのは最近の事。

実は僕はファミレスのキッチンで働いていたことがある。

なので料理なんてしょせん分量さえ量れば間違いはない。

しかし料理がなければ都合の良い食材だってそろっていない。

そこで余ったもので料理をするようになった。

いつも常備されている食材の代表といえば納豆と卵とネギと玉ねぎやその他の野菜類とちょっとした肉。

この食材を使って作れるものといえば納豆に卵やらネギを入れてみたり調味料を加えてあかん飯に挑戦してみたり。

よくわからないものは炒めて適当に調味料を入れれば料理になる。

色々と試した中で思った。

これ普通に納豆とか即席で作れる麺類を常備しとくのが一番楽で手っ取り早いしなおかつ財布にも優しいと。

シンプルイズザベスト。

そんなにこだわる必要はない。

毎日同じようなものを食べる生活にも慣れてきたし、基本的に豆腐とかサラダとか納豆など健康的な食材しか食べないので体調面はあまり問題なさそうだ。

これが僕のひとり飯です。

Sponsored by Netflix