読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

周りの人間が怖くてしょうがない人へ。

まず、怖い人間はいる。

けれど、ほとんどの人間は怖くない。

人はたくさんの顔を持っているし、これを見ているあなただって色んな顔があるでしょう?

できるだけプラスの顔を意識した方がプラスの人間は集まってくるし、逆にマイナスだと見たくないものをたくさん見てしまう。

同じ世界に生きているのに人それぞれ全く違う世界を見ているなんて不思議だよね。

僕は数十年間を幼少期のトラウマを引きずってマイナスを引き寄せてしまっていた。

周囲の人間全員が敵に見えて人の発する咳だとか鼻をすする音だとかそんな些細なことを恐怖していた。

けどね。

今見ている世界はどちらかといえば平和だ。

毎日がゆったりとくつろげる。

相変わらず怖い人はいるんだけど、顔を見れば見分けがつくようになって、そういう人がいる場所には留まらなくなったし、いたとしても存在に振り回されなくなった。

だってよく考えたら自分と関係ない人は関係ないでしょ。

人の顔色うかがうなんて事やめて付き合いたい人としか付き合わないし、相手が何かを求めるなら与えるようにしている。

与えたら少しは自分に返ってくるからね。

少なくとも自分の気分が良くなる。

そうでないならする気はない。

男の場合なんか得に性欲に振り回されて相手に思いやり持てないって時があると思うんだけど豆乳やノコギリヤシで男性ホルモン抑えて対策すれば抑えられる。

禁欲は大事だよ。

オナニーなんてしたらその快楽分だけ人に当たり散らかし、自分もその返り血を浴びる事になる。

 

 

人って自分が持っている感情しか読み取れないから自分が相手に嫌なことをしたり、普段からあらさがしばかりしているとやられたときに相手を傷付けた分だけ苦しいし、じゃなくても自分を相手を通じて攻撃する。

被害妄想という形で大切な人間も傷つける。

逆に言えば自分に悪意を持って攻撃してくる人間は同じ思いをどこかで経験する。

放置すれば自滅するから近づかない。

悪気がなくてそういうことする人間には怒りを伝えるべきだ。

 

悩みがあったら悩むことをやめればいい。

苫米地英人という天才脳科学者の本だけどなかなかおもしろいし、楽になる。

 

もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─

もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─

 

 世の中って自分が複雑にしてしまうのだけど、単純だよね。

赤ちゃんの頃のころから大人怖いって人はいないでしょ?

助け求められなかったら死んじゃうでしょ。

けど大人になったらとりあえず生きていけるけど人に助けを求められなくて心が死んじゃう人がいる。

 

赤ちゃんは常に汚れがない状態で人に接するから面倒見ている方が癒されるからみんなに愛されるよね。

人が怖いって人はどこかのタイミングでつまずいて元には戻れないと思っている。

そんなことなかったよ僕の場合。

優しくなれない人は優しくなる気がないだろうからそういう人とは離れて、やっぱり優しさを知っている人間といた方が心地いいよね。

<script type="text/javascript">amazon_ad_tag ="hiroki345602-22"; amazon_ad_width ="300"; amazon_ad_height ="250"; </script><script src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/s/ads.js"></script>

<script type="text/javascript">amazon_ad_tag ="hiroki345602-22"; amazon_ad_width ="300"; amazon_ad_height ="250"; </script><script src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/s/ads.js"></script>