読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

静かな社会。東京は今日も穏やかだ。

十数年東京で生きてて、僕の近所はかなり静かになった。

この数十年で何が変わったのか?

外から色んなものが消えた。

言い換えれば姿を見かけなくなった。

何が消えたのか具体的にすると、一番は夜な夜な「助けてー!」と叫ぶ様な物騒な奇声がなくなって、駅帰りの酔っぱらいも消えた。

そして車の交通量もかなり減ったし、空気も以前よりはマシだ。

子供は外出しなくなったね。

近くの公園へ行けば、沢山の自転車があって、子供達がワーワー遊んでいた。

最近はあんまり見ない。

僕の場合は親とサッカーしてた覚えがあるのだが、そういう人は見ないね。

身近では関係ないけど、大きなマンションを使って隠れんぼとか鬼ごっこしてた事があってそういうのが好きだった。

また、今の子は外でドロケイとかするのだろうか?

家でいくらでも時間潰せるからわざわざ外行って退屈しのぎする必要がなくなったね。

 

それに共働き世代だからな。

子供連れてるのは母親で、ママ友達が至るところにいたと思うんだけどそれもかなり減ったね。

男が子供引き連れてるのも別に珍しくもなくなった。

親たちはみんな働いてるだろうし、子供は子供で塾にでも行っているのだとすればみんな外で徘徊する余裕もないのだろうな。