読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

東京新美術館の展示会に行ってみた。

東京新美術館は日本の中で2番目に来館者数が多く、延床面積の広さでは一位を誇る美術館。

2007年に出来て以来、今年で築10年という最近出来た美術館みたいですね。

六本木4a出口から徒歩5分で着いてしまうくらい東京からのアクセスは良いです。

すぐそこに美術館案内の標識が立っているので方向音痴でも道に迷わずに助かりました。

にしても初六本木なので緊張ばかりしてしまいました。

 

さて、この美術館は基本的に入館料は無料ですが、展示会によっては値段が異なるらしいです。

また、企画展は入口付近で別途料金を支払わなければなりません。

戸惑ってしまい無料と表記された展示会のみタダでいくつか回ってきました。

館内は三階まであって各階に数フロアあり、それぞれに入り口を出たり入ったりすることになります。

関係ないですが、美大の作品が展示されているからなのか学生が多かったです。

それも女子学生が殆どでしたね。

美術館って女性の方多いですよね。

作品よりもそちらの方が気になって

色んな展示物があって、芸術に疎い私には到底理解できない作品ばかりですが未知なる何かを追求すること自体を楽しんでいるので不思議な気分を楽しめました。

美術館といえば難しそうな絵ばかりだと思っていたのですが、展示会にはプーさんがいたり、子犬と少年の絵本だったりと初心者でも親近感を感じられる作品があります。

東京に住まれている方なら電車料金だけで合計1000円もかからずに気軽に通えたりするのでコストパフォーマンスはとても良いですね。