読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

苦しくてもオナニーだけはするな

現在とてつもない罪悪感と共にこの世の絶望と未来の事を一切考えられない精神でいる。
視野が一気に狭まりよく分からない嫌悪感に包まれる。
人に出逢えば挙動不審になるだろう。

やってしまった。

これを読んでいる方には同じ思いはさせたくはない。
妄想の世界にいる時点ではこの世から抜け出し、快楽に身を任せて自分が孤独では無いという幻想を味わえる。
後になってその快楽は倍となってマイナスに振り切れる。

結局のところ孤独はなくならない。
そこから目を逸らそうとすればするほど見るべきものが見えなくなり、実態のない何かに振り回される事になる。

元に戻るためには多くの時間快楽の代償に苦しむかもしれない。

マスターベーションとは人間は本来嫌悪する行為であるのは明らかだ。
誰もが終始あそこを触ってばかりいる人間に嫌なイメージを持つはずだ。

それは自分に対しても同じであり、オナニーという行為は自分を裏切ることと同義である。

中には、その行為が引き金となって周りの人間に当たるなどして多くのトラブルを引き起こすきっかけともなる。
そうでなくとも自分を裏切り続ければ生きる事へ幸せを感じられなくなってしまう。


人間の貞操をしっかりと持つ事はいたる宗教で重要視されている。

それは根拠なのではなく本能としてどれだけ大事な事かを理解しているからであろう。

俺は二度と卑猥な事を考えようと思わないしこの突起物を切り落とす事で悩みの多くを終わらせることが出来るとすら本気で考えているくらいだ。

性欲によって人間はどれほど価値を落とし続けたであろうか。

極端な話、性欲がなくなれば人に対して思いやりが持てる。

逆に言えば本来の有るべき人間の姿は助け合いなのではないか?
性欲が妨害している。

殆どの争いは性の部分が大きく影響していると思われる。

性の価値を高める為に周りを蹴落とし、蹴落とされないように必要以上に警戒する。
疑心暗鬼が生まれ対立が生まれ自分(遺伝子)さえ良ければそれで良いと言う考えが横行する。

人間を人間たらしめる部分は前頭葉である。
これは感情(のコントロール)や忍耐力など秩序を守ろうとする部分である。

人間の社会は前頭葉の発達によって構成されていると言っても良い。

前頭葉が未熟だとどうなるのか?

自分の利益のためなら犯罪だろうが人間を踏みにじる事すら平気で出来てしまう。

我慢が出来ないわがままな子供を連想してもそれで合っている。
子供は可愛いが、わがままな大人など見苦しい。

前頭葉を鍛えるにはあえて不愉快なくらいの忍耐をする必要がある。
その筆頭となるのがオナ禁である。
これくらい当たり前に出来るくらいでないとまともな思考ができる人間になれない。

もしも我慢できずにオナニーしようものなら前頭葉が崩壊する。
実際に快感と比例して脳細胞が死滅している。

人間を失う行為と言って差し支えない。

生きる上で苦しみは避けられないのだからそれと向き合わなければ喜びを味わえなくなる。

人間やめますか?