より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

因果応報否定者が改めて思う事。

因果応報。
これを信じる事によって多くの人が希望を持ち、そして思い通りとは行かない諸行無常の世の中に振り回されているだろう。

自分はその一人で因果応報なんてクソ喰らえと思って今までブレーキをかけてきた怒りを周りに発散して今に至る。

正直今でも因果応報が何なのかよく分からないけれど言える事がある。
罪悪感は残る。

そしてその感情の扱いを誤ることにより多くの機会と信頼を失った。

自分には何も残らなくなった。
このまま生きていれば空虚な世の中をただ生きるだけの屍として存在するだけだ。

ただし、真面目すぎるがあまりに何もかもを押さえ込んで自殺してしまってはいけない。

悪いと思う理不尽には正当性を感じるのなら立ち向かうのが必要な時はあるし、何が正しくて何が悪いのかなんて誰にもわからない。

悪いと思うのにやってしまった時に無意識に自分に対しての裁きを加えるのだと思う。
それが因果応報なのだと。

後々にならないと分からない事ばかりだ。
固定観念に惑わされずに正しいと思う自分を貫いて自分を誇りに思う事が大切なのだと思う。

スポンサーリンク



スポンサーリンク