読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

今更だけどウォーキングデッド見始めました。

多くの有名人がウォーキングデッド好きを公言している中、自分もこの波に乗るしかないと。
(軽率なミーハーです)

ホラーが大の苦手でビビリなのに見てしまいました。
最初は心臓バクバクで、もう再生中に精神がズタズタになるのではないかと覚悟してました。


意外とホラーに驚かせようとする事に力を入れてるわけでもなく正直ホッとしてます。
(それでもゾンビ直視するのめっちゃ怖い…)

それにゾンビ映画を見るのは初めてなんです。
得体の知れない何者かと思いましたがそれなりに理屈があるのだなと思うだけでちょっとゾンビへの理解というか耐性がつきました。

ゾンビは確かに怖いけれどあくまでも見所は追い込まれた人間の行動ですよね。
そのやり取りがいつまでもゾンビとは別のドキドキを感じさせます。

様々な考えがある中でのそれぞれの葛藤がぶつかり合う。
ゾンビに立ち向かう(逃げる)ためにそれぞれ連帯したり疑ったり緊張と緩和を繰り返す。
その起伏とテンポの良さが見所です。
人は極限状態だと本心をさらけ出すので何をしでかすのかある意味ゾンビよりも怖いかも。
(やっぱゾンビのが怖い?)