より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

ネットの意見に惑わされるな。

ネットには色んな人がいます。

しかし、基本的にビジネスでやってる人か暇人であるかのどちらからだと思います。

実際に自分の中で信念を持って生きてる人間はそうやすやすとネットで呟いたりしないと思います。

【スポンサーリンク】
 

自分がネットで書き込みをするのは散乱した意識を一つにまとめるためですから訴えかけてるようで自分への慰めや戒めが大半です。

現実が超うまく行っていて悩む時間など勿体無いってくらい充実してる人ほどネットなんて使いません。

なので意見を発する人は知る人間でなく、欠けている人間であることが多いように感じます。

聞いていて説得力ないよなーとかこれは暴論だって自分が思うことでも聞く人によっては都合の良い内容になっているのではないかとヒヤヒヤされられたり。

そうやって過ちを犯した人間と同じ過ちを繰り返すのならいっその事見ないほうがいいかもしれない。

基本的に匿名は信じてはいけません。

どんな誰が発信しているかが肝心です。

自分の信頼できそうな人の意見をピンポイントで参考にすると良いのではないかと思います。

自分と同じご都合主義の考えで生きていても堕落しますよって話。

ネットの怖いところはそこです。

現実なら自分に合わせてばかりの媚び売りは信用できないなって切り捨てられてもネットでは自分から媚び売る人間ばかり探してしまうものですからどんどん付け上がって駄目になってしまいます。

同調よりも客観視してくれる存在が大事だと思います。

ネットとは人を盲目にする麻薬です。

ネットリテラシーとして参考にしてもらえると嬉しいです。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

人間は顔が全て。顔でその人が分かる。

人間は顔が全てだ。

目の前の人間がこれから何をしでかすのかなんて正確には予測できないが、今までの行いは全て分かってしまう。

顔を見ろ

体形を見ろ

分かりますか?

【スポンサーリンク】
 

もう一度言います。

顔を見ろ

体形を見ろ

です。

お分かりいただけたであろうか?

 

俺は顔が駄目だから。

いえいえ中身も腐ってます。

僕は正直者なのではっきりと綺麗事は言いません。

人の行いの積み重ねは見た目の積み重ね。

なんで人は顔で判断すると思いますか?

見た目で相手を判断できるようにそうできているからです。

一瞬だけでも人を判断できる能力に優れています。

それが人間以外だと例えば犬とか猫になった瞬間に判断力が鈍ってどれがどれだかわからなくなると思いますね。

それだけ人間の見た目には敏感です。

物事には大体無だがありません。

それは私達の遺伝子が難題も気の遠くなるほどの時間をかけて形成している情報ですから生きてるうちに発見できない事でも無意識に本質を過去の祖先たちが形成しているのです。

その感覚が残っているので実際に経験する以前から危険は察知できるように作られています。

私の経験を挟みますが経験上嫌な思いをさせてくる人間は分かります。

醜いと感じる人です。

 

もちろん差別はいけません。

アパルトヘイトのような人を人種で区別するのはあってはならない事です。

しかし、直感は大事です。

嫌な思いをしたくなければ直感を信じてください。

 

完璧な人などいないので思いもよらない相手から嫌な思いをすることがあると思います。

しかし、同じ行動でもその行動を起こす人間によっては意味合いが異なってきます。

基本的に程度の低い人間は自分の事を極端に考えるので気を付けてください。

何かするにあたっても相手の事を思ってする人と自分の事を思ってする人がいますが、顔で判断してください。

その人が普段どんな行いをしている人なのか。

より良い行いをする人間ならその人に見習っても良いかもしれません。

では程度の低い人間なら?

あなたはそんな人間になりたいですか?

直感を信じましょう。

 

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

 

【スポンサーリンク】
 

綺麗に生きるって素晴らしいけど苦しい。

僕は子供のころから思っていた事がある。

絶対に芯は曲げないし自己中な大人になんて絶対にならない。

その夢を見て中学の時にいじめにあって父親の注文にこたえずに殴られてもその苦しみで何が得られるのか分からずに神様を恨んだ。

手を貸してくれる人に囲まれて裏では心配されたり好意を抱いてくれる人もいたみたいだけど当時は何もが見えなかった。

これだけ必死に生きているのに。

僕は人生を精いっぱいに生きた。

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

痛みを共にする人間とシンパシーを感じることがあったり、世の中捨てたもんじゃないなと。

その時は娯楽が何よりも感受性豊かに楽しめた。

そして僕はその素晴らしさを捨てた。

なんて楽な世界なのだろう。

この世の苦しみなんて見なければいい。

相手が苦しんでいるのを見たって何も感じないし、自分に対して相手が悲しんでも何も感じない。

何がそんなに悲しいのだ?

世の中なんてしょせん妄想でその人個人の世界しか見えていないのだよ。

だから僕に対して悲しまなくてもいいんだ。

僕は何も感じていない。

周りからどんどん人が離れて最後に残ったただの同級生は精神が病んでしまった。

こっちの世界は楽なのに。

そんな彼女の事なんて僕はどうなろうが知らなかった。

僕さえよければ他がどうなろうがね。

そして時間がたって退屈しているのに体が動かせなくなった。

動いて何をするのだ?

僕にはもう何もなかった。

相手を思いやることなんてなかったし、寧ろ自分が楽する為には僕の中で存在しないものとした。

周囲を見れば人間関係が荒れ果てている。

気づかないうちに僕がその種を撒いていたのかもしれない。

まず、家族から修復した。

親と仲直りして会話をして興味も持つようになった。

兄弟には兄として威張るのではなく、大切な一人一人の人間として思いやりをもった。

すると今まで見てこなかった人の痛みが分かるようになった。

そういえば同級生はどうなっているのだろう。

今すぐにでも駆けつけたい。

頼むから間に合ってくれ。

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

 

童貞の恋愛。美しい彼女。ノンフィクション日記。

好きな人が初めてできた。

清楚で気高く気品のある風貌で動作の一つ一つが美しい。

高瀬の花ってやつなのだろうか。

図書館で一人学生服姿で勉強に取り掛かる姿はとてもその場に似つかわしくないくらいに様になっていた。

この人にはどんな相手ができるのだろうか。

そんな手の届かない幻を見ているようで、逆に異性としての意識はしていなかった。

ただひたすらに自分のやることさえ出来ていればそれでよいのだ。

僕も勉強に取り掛かる。

【スポンサーリンク】
 

彼女の挙動が変わった気がするが自分はこんな時に何を考えているのだろうか。

目の前には数学の参考書を広げて、頭の中を数字で埋め尽くそうとしているさなか、視界の端に視線が確かに向けられていることに気づいた。

その一瞬自分の存在を忘れて頭が空になってしまった。

もう何も見えないしなぜだか見たくなかった。

そうして時間が過ぎると彼女の方は席を立ち、背後を通過した瞬間に心臓が抉られるような感触があった。

馬鹿にされているのだろうか?

うぶな事が伝わって嫌われたりしていないだろうか。

目の前の参考書だけでなく、視界に移る全てが虚像となって時間の法則を無視した頭の空間の中で彼女の事しか頭に入っていなかった。

彼女の存在を排除しようとする理性のストッパーの存在などとうに忘れ去っていた。

体が暑苦しくて、特に顔が紅潮しているのが自分でも分かるくらいだった。

「現実を見ろ」

心の中で誰かが囁いた。

いつもと同じように図書館へと足を運ぶ毎日。

その場所には彼女がいて、次第に距離を詰めてくるようになった。

隣に座られたときには頭がショートしてうつ伏せてしまった。

こんなことが現実に合ってよいのだろうか?

過去に一度だって自ら自分を受け入れてくれた人がいたか?

いたかもしれないが、その存在に気づけなかった。

「遊ばれているのかもしれない」

現実を受け入れられない自分は逃げに入った。

潤んだ瞳を向けて真剣にこちらを見る彼女を振り切って僕は存在を無視しようと決めた。

親にだって受け入れられたことがないんだ。

自分のどこがいいのか自分でもよくわからないのに相手がそれを見出す事なんて出来るのか?

そして数か月が経過したころに彼女は隣にゴリラとでもあだ名をつけたくなるような野生のにおいを発した野獣を連れていた。

「そうだったのか」

彼女はモンスターハンターなのだ。

僕もきっとそのコレクションの一つなのか。

絶望した。

もう何も見たくないし、自分の存在を消し去りたかった。

死ぬなら今だ。

死ねるわけないけど。

なかったことにして見向きもしなかった頑固なプライドがへし折れた。

俺には何も残っていない。

これから先に希望を感じることがあるだろうか?

彼女に出会えたことだけで運を使い果たしてしまった気分だった。

それから数年間俺は狂気に満ち溢れていた。

次の日に彼女はこちらの様子をみて泣いていた。

人前で泣くかふつう?

人の視界に入らない地味な場所にいたので誰にも見られていないのでただひたすらに彼女を軽蔑して見下す自分に恥ずかしさなど感じなかった。

なんで泣いているのか知らないが、俺以上に絶望を味わってくれるなら地獄に落ちてくれ。

その次の日はまた野獣を連れて堂々と入口正面に並んで座っていた。

「好きにしてくれ」

もう何でもよかった。

俺はプライドなんてもう捨てる。

しかし、最初に病んだのは俺の方。

人を呪えば穴二つっていうしな。

しかもこんな公共の場所に散らばる面々の前で葛藤が繰り広げられてたらそのうちの何人か事情を察するだろう。

呪うときは人に姿を見られてはならないのにそこで大きな過ちを犯したせいで真っ先に呪いは自分に降りかかってきたのだ。

無気力に襲われながら怠惰にならないように自分の足を叩いてでも体を動かした。

体を動かす事だけに精いっぱいで自分が何を考えているのか分からなくなっていた。

ただ、彼女を傷つけたかった。

野獣を堂々と連れながら自分の前に潤んだ瞳をぶつけてくるのが許せなくてやっきだった。

彼女を傷つけるために一番の方法は幻滅させることだと最低の男になりきっているつもりが本当に最低な顔面を構成するまでになっていた。

他人からとがめられるようにもなり、その他人に対しても抵抗を続けて一年が経ったころ。

久しぶりに図書館へ向かうと彼女は茶髪に染め上げ、服装は地味で身にまとう雰囲気も軽くなっていた。

以前の様に美しい彼女はいなかった。

せいぜいかわいい女の子どまりの人間だ。

目の下にはクマが出来ていながらも僕を認識すると笑顔で近寄ってきた。

なんだかショックだった。

罪悪感を感じ、彼女に向かって初めて視線を合わせた。

目が合った瞬間に逸らされてしまったが、その後もなんどか目の前を行ったり来たり。

彼女への申し訳なさからコンタクトを試みたが、それよりも自分の行いに嫌気がさしてそのまま置いて帰った。

【スポンサーリンク】
 

何日か後にまた図書館を訪れた際にはまた違う男を連れていた。

野獣とは違って細身ではあるものの彼女と並んでいるのを見ると軽そうな雰囲気が感じられた。

僕を認識すると目の前でやり取りを始める。

そのパターンはいつものことだ。

彼女は以前の様に元気はなかった。

動作が鈍く、今にでも消えてしまいそうだった。

僕としては申し訳なさと後悔しかなかった。

男が僕の存在に気づき、もちろんの事彼女にその存在について尋ねた。

「ちんぴら」

弱弱しい声でそう呟くと僕は様子を少し見てから立ち退いた。

その数日後に足を運んだ時に見た彼女は髪を黒く染めなおして口にはマスクをしていた。

周囲を見渡して何かを探している様子だったが先に見つけたのは僕だった。

目の前をやつれた病人のような顔をして通り過ぎて行った。

 

恋愛小説

恋愛小説

【スポンサーリンク】
 

切り捨てる勇気。自分を引き下げる相手とは付き合わない。

人は周りにいる人間によって決まると思う。

みんながみんな出来るだけの努力を100%行ったとしても大事なのは努力よりも結果になる。

例えば人の足を引っ張るような人間であふれている場所で100%の努力をしても実際に目的達成に繋がる集中の大半がそがれてしまい、数割の能力しか発揮できない。

【スポンサーリンク】
 

必死になって努力する自分と必死になってそれを邪魔する人間が一緒になればいい思いなんてしない。

人の邪魔をする彼らは人が努力する姿なんて見たくないし、集中をそがれる立場の人間なんて最悪だ。

 

そして、一番の敵は意外と身近に現れたりするものだ。

恋人や友達にそんな人がいれば自分のためにも心を鬼にしてでも別れなくてはならない。

その関係だって誰も得をしないのだからお互い釣り合いの取れる人間同士が繋がればよい。

志を共にできない人間なんて邪魔でしかないし、邪魔がくっつきあったらお互いに排除する方向にエネルギーが割かれてしまう。

人なんて意図的に変えられない。

相手を思いやったつもりがお互い泥沼化なんてよくある話だ。

冷たく、切り離せるのが一番合理的で相手のためになると自分は思う。

何も100%の冷徹男になれとは言わないが、悲劇の主人公なんてこの先の人生何十年も犠牲にするつもりがないのならやめておけとでも言っておきたい。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

寂しさに負けるな。脱メンヘラの勧め。

【スポンサーリンク】
 

メンヘラと自覚のある人間にこの文章を書いています。

メンヘラであることって何か得ありますか?

相手を疑心暗鬼して、悲観的になって煩悩に振り回されて、それで得しましたか?

メンヘラって疲れるよ。

自分もそうだけど相手もね。

せめて自分の時間を充実させられたらメンヘラなんてしていられない。

あとそうだ。

恋愛体質なんだよね。

メンヘラって。

恋愛って麻薬だと思った方がいい。

メンヘラ抜け出してない内から恋愛なんてやめた方がいい。

脳内では麻薬使用している時と実際に同じ状態らしいから。

それほど馬鹿にならないと恋愛できないのに、元から出来てない人間が恋愛したら壊れるよ。

自分はともかく相手も壊したい?

未成年がタバコ吸わないのと同じ。

恋愛なんてなんもメリットがないのに、狂ってしまうのを人は求めるんだよ。

寂しくて恋愛する余裕があったらまずは親子関係とか友人関係見直した方がいい。

恋愛では決して安定なんて得られない上にメンヘラには変な人が寄ってくるんだし、親子関係と友人関係見直そう。

もしくは身近な人。

基本的に人って自分の中にあるものしか受け取れないから自分自身が充実して楽しんでなければ相手と楽しむどころか関係さえ築けない。

メンヘラってなんでメンヘラかといえばそれで少なくとも得している節がどこかにあるんだよね。

それを自覚しなければ。

悩むことも無意味だからなんか楽しいこと探そう。

例えば映画見たり漫画読んだり、小説読んだり。

音楽はたくさん聞いてる人ほど鬱発症リスク圧倒的に高いからおすすめできない。

 

まずは変な事考えないための工夫をしよう。

出来ればより良いものに触れよう。

今触れているもので自分が決まるといっていい。

憂鬱になることは避けた方がいい。

そのうえで趣味を作りたい人にお勧めするのは

 

Hulu

Hulu

 

 

huluだ。

つき1000円もしないで大量にある作品を見放題。

 

今はハンターハンター見ているし、少し前にやっていたドラマがすぐにでも見れたりする。

期間限定で面白そうな作品が新たに見れるようになったり、現在放送中のバラエティー番組もすぐに更新される。

「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました

をいつも見ている。

徳井って暴力性がない笑いの取り方が上手いよなって感心しながら見ている。

とにかくこれだけで一生分の憂鬱な時間は潰せる。

 

それに、興味があれば読んでほしいのがこれ

 

もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─

もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─

 

 この人は脳科学者で、頭が良すぎる天才だけど分かりやすく語ってくれる。

頭のいい人って生き方も賢いと思う。

そういう人がどんな風に世界を捉えれば楽になれるのかを教えてくれる。

自分の考えてることってくだらないよなって急に考えが変わるくらいに影響力があると思う。

 

ついでに

 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

 

最後に。

メンヘラだった俺だけど、悲観する人生は後々後悔しか残らないからより良い世界に触れていた方が絶対に楽しいぞ。

まあ無理しなくていいからなんかあれば逃げてどうせなら楽しいことやってようぜ。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

音フェチ ストップモーション動画を個人的に好きなのを集めてみた。

料理系のストップモーション

 

 


twitterで話題! 音が快感のおもしろストップモーション動画 By PESfilm

基本的に本物の材料を使わないでそこら辺にありそうな小物を代用しています。

そういう発想はなかったって、例えば大小さまざまなサイコロを使用したりと見ていて楽しいです。

それに視聴者がどんな音を求めているのか、効果音に凝っていますよね。

良くわかっているなーと思いながら癒されてます。


節約飯!【ストップモーション・stop motion cooking】

普通料理した方が量的に節約できるのではないかと思ったのは気のせいです。

お金を砕く所が好きです。

しっかりと換金できています。

 

しかし、これだけではなんだか少なすぎるような...。

紹介できるほどのクオリティは以上の二つでした。

探せばいくつか良さそうなものもあったのですが人に紹介するほどにも感じられなかったので個人の好みになると思います。