読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

鬱病の時に本の内容が入らなかった僕がそれでも読めた本

鬱病の時って今まで普通に読めていた本が読めなくなってしまいますよね。

そんな時に何もできない無力さで自己嫌悪していた僕ですが無理しないで今の自分のレベルに合う本を手に取ることを思いつきました。

今まで推理小説を読んでいたのですがそこから脱線して児童文学や絵本を手に取るようになって大きく精神状態が改善しました。

今まで通り推理小説ばかり読んでいたら頭がついていかない焦りばかり感じてしまって更に自分を追い込んでいたかもしれません。

なぜ推理小説を読むのをやめたのかというと回りくどいんですよ。

今自分が求めているのはそんなに複雑でややこしいものではない。

そんな意思に反して無理をすれば楽しむべき推理小説の回りくどさを嫌いになってしっまいます。

本来本質みたいなものは単純であっても良いのです。

それを気づかせてくれるのは初心を忘れずに率直な感性をぶつけてくる児童文学や絵本でした。

こんな簡単な考え方でもいいのだと思えれば楽です。

50キロを抱えることが出来なくても10キロずつに小分けして運べば苦労しません。

大事なことは積み上げ続けることだと思います。

誰にだって調子が悪い時があるでしょうけど壁にぶつかったときには止まってはいけないんです。

少し休んではいいけれど視点を移せば壁の横に階段があるはずです。

少しずつでも積み上げていれば前進できます。

そうやって小さいことに慣れれば次第に大きな壁にだって適応できるようになります。

進み続ける限り停滞はしません。

そして小さなことから意外な発見があります。

その苦しい状態も楽しむことが出来たら気分も楽です。

 

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 

 

 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

『世界の童話全集・41作品⇒1冊』

『世界の童話全集・41作品⇒1冊』

 

 

 

 

大切なものは失ったときに気づく。

何とでも思っていなかった対象がなくなったときになってその大切さに気付く。

大事な友達や家族や恋人。

みんな手放すときはたいていそれさえなければうまくゆくと思っている。

そんなことはなく、失っただけの隙間を埋めるものがないことに気づいたときに人は後悔する。

何で埋めたらよいのかと?

それを解決する方法は思い当たらない。

何をやっても頭には引っかかってしまうのだ。

あの時こうしていれば。

後悔する前に気づいていればよかったのにね。

後ろは振り向かないで何かに没頭しなくてはいけない。

沢山の本を読んだ。

活字がただ流れてるだけ。

トーリーが入ってこない。

それでも読み続けていれば少しは感動を覚える。

しかし、頭はクリアにならない。

忘れてしまえたら一番いい。

その記憶だけ消し去ってしまえばいい。

愚行に走ればその分だけ後戻りできなくなる。

だからやるべきことをやるしかないのだ。

根本原因を解決するのが一番というのは言うまでもない。

解決できる手段が残されているのならすぐにでも問題とぶつかった方がいい。

解消しなければ。

それが一番最適な手段なのだ。

チャンスはなくなる前に掴まなくてはなくなった後では遅いのだ。

かといって傷は癒える。

それは人によるところが大きい。

物事をどうとらえるか。

大事な事なんて世の中にそんなにない。

どんなことだってどうでもよければどうでもよいのだ。

立ち止まるくらいならどうでもいいと考えればいい。

天使の見つけ方 傷ついた心へ癒される文庫本

文庫本ですが半分絵本みたいに天使の絵が書いてあります。

とても優しく包みこんでくれるかのように天使の紹介をします。

人はそれぞれ自覚しない内に多くの天使たちと触れ合っているんだなと思わされました。

世の中の苦しみなど人生において引っかかっている箇所を天使で解説して解きほぐしてくれます。

天使にもいろんな天使がいて、天使に触れる方法なんかも書いてあります。

勿論天使というのは例えでしょうが、大切な事を教えてくれます。

天使のみつけかた (新潮文庫)

天使のみつけかた (新潮文庫)

 

 

そうだ!赤の他人が選曲した歌を適当に聞こう!

僕(18歳 野郎)が独断と偏見で選んだ曲たちです。

どうぞ暇つぶしに聞いてください。

 

 


宇多田ヒカル - Goodbye Happines

 


米津玄師 MV「アイネクライネ」


平井堅 Ken Hirai 輕閉雙眼 Hitomi wo tojite

 


A.M. 11:00 - HY (with subs)

 


3月9日 - レミオロメン(フル)

個人的には本人が好きなのですがyoutubeに記載されてないのでやむを得ずです。

 

3月9日

3月9日

 

 


オダギリジョー - 悲しくてやりきれない


福山雅治 「少年」 高音質 歌詞入.mp4


John Mayer - Clarity


Gym Class Heroes: Stereo Hearts ft. Adam Levine [OFFICIAL VIDEO]


Michael Jackson & Akon - Hold My Hand (Legendado PT-BR)

人間は顔が全て。顔でその人が分かる。

人間は顔が全てだ。

目の前の人間がこれから何をしでかすのかなんて正確には予測できないが、今までの行いは全て分かってしまう。

顔を見ろ

体形を見ろ

分かりますか?

もう一度言います。

顔を見ろ

体形を見ろ

です。

お分かりいただけたであろうか?

 

俺は顔が駄目だから。

いえいえ中身も腐ってます。

僕は正直者なのではっきりと綺麗事は言いません。

人の行いの積み重ねは見た目の積み重ね。

なんで人は顔で判断すると思いますか?

見た目で相手を判断できるようにそうできているからです。

一瞬だけでも人を判断できる能力に優れています。

それが人間以外だと例えば犬とか猫になった瞬間に判断力が鈍ってどれがどれだかわからなくなると思いますね。

それだけ人間の見た目には敏感です。

物事には大体無だがありません。

それは私達の遺伝子が難題も気の遠くなるほどの時間をかけて形成している情報ですから生きてるうちに発見できない事でも無意識に本質を過去の祖先たちが形成しているのです。

その感覚が残っているので実際に経験する以前から危険は察知できるように作られています。

私の経験を挟みますが経験上嫌な思いをさせてくる人間は分かります。

醜いと感じる人です。

 

もちろん差別はいけません。

アパルトヘイトのような人を人種で区別するのはあってはならない事です。

しかし、直感は大事です。

嫌な思いをしたくなければ直感を信じてください。

 

完璧な人などいないので思いもよらない相手から嫌な思いをすることがあると思います。

しかし、同じ行動でもその行動を起こす人間によっては意味合いが異なってきます。

基本的に程度の低い人間は自分の事を極端に考えるので気を付けてください。

何かするにあたっても相手の事を思ってする人と自分の事を思ってする人がいますが、顔で判断してください。

その人が普段どんな行いをしている人なのか。

より良い行いをする人間ならその人に見習っても良いかもしれません。

では程度の低い人間なら?

あなたはそんな人間になりたいですか?

直感を信じましょう。

 

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

 

夢の中の出来事。塾の中の光景。

ここはどこだろう。

塾の中だろう。

何となく見覚えのあるような光景を見てそう思った。

どこか席にでも座っていようかな。

長髪で細身の眼鏡の隣に座った。

なんか愛想のない感じの奴だな。

落ち着かない様子なのでこちらも嫌な気分だった。

すると急に向こうから声をかけてきた。

女の子だと思ってた。

何を言っているんだ?

男色にはとても見えないし、女性不振ってやつなのだろうか?

よくわからないが親しみをもって話しかけてくるのでそれに応じた。

大したことは話してなかったと思うが内容は覚えていない。

どこからか人の話し声が聞こえた。

ここはビルの中にあるらしく、同時に底辺だなって聞こえた。

地下には別クラスがあるらしく優等生はそこへ集まるらしい。

一応の事周囲を確認したくなったので席を立ち、そこら辺を歩き回ってみた。

やはり見覚えがあるような塾の風景で、白い机の隣にはだいたい仕切りで視野が遮断されるようになっている。

生徒の姿は何故だか見えない。

そこの担当をしているであろう職員らしき人間に声をかけたら近場のパソコンの前に座らされた。

ここで何をするのだろう?

ゲームをしていたと思う。

そこで夢は途切れた。

え?なんでこんなに何度も出会うの?偶然の重なり。

偶然ってよくあります。

自分が思い続けている人間に限ってよくあらわれたり最近何となく印象に残った人が偶然にも近いうちに何度も出くわすことがあります。

これは何なのでしょうか?

僕はスピリチャルの人間ではありません。

しかし興味は持っています。

それっぽいことが何度も繰り返されている法則のようなものを何年も生きていれば感じ取っています。

調子の悪い時に調子のいい人はなかなか出会えないのに調子がいい時には次々と素晴らしい人に出会えます。

自分から行っているのもそうですが向こうからいきなり現れます。

人の脳はほんの一部しか意識できないようになっていますが潜在するどこかの部分が反応して無意識に働きかけているのかもしれませんね。