読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでも割と平気で生きている

一人で出来る事を追求しています。映画や小説など新しい何かに触れて新鮮さを大事にしてます。アマゾンアソシエイト参加してます。

人間は顔が全て。顔でその人が分かる。

人間は顔が全てだ。

目の前の人間がこれから何をしでかすのかなんて正確には予測できないが、今までの行いは全て分かってしまう。

顔を見ろ

体形を見ろ

分かりますか?

もう一度言います。

顔を見ろ

体形を見ろ

です。

お分かりいただけたであろうか?

 

俺は顔が駄目だから。

いえいえ中身も腐ってます。

僕は正直者なのではっきりと綺麗事は言いません。

人の行いの積み重ねは見た目の積み重ね。

なんで人は顔で判断すると思いますか?

見た目で相手を判断できるようにそうできているからです。

一瞬だけでも人を判断できる能力に優れています。

それが人間以外だと例えば犬とか猫になった瞬間に判断力が鈍ってどれがどれだかわからなくなると思いますね。

それだけ人間の見た目には敏感です。

物事には大体無だがありません。

それは私達の遺伝子が難題も気の遠くなるほどの時間をかけて形成している情報ですから生きてるうちに発見できない事でも無意識に本質を過去の祖先たちが形成しているのです。

その感覚が残っているので実際に経験する以前から危険は察知できるように作られています。

私の経験を挟みますが経験上嫌な思いをさせてくる人間は分かります。

醜いと感じる人です。

 

もちろん差別はいけません。

アパルトヘイトのような人を人種で区別するのはあってはならない事です。

しかし、直感は大事です。

嫌な思いをしたくなければ直感を信じてください。

 

完璧な人などいないので思いもよらない相手から嫌な思いをすることがあると思います。

しかし、同じ行動でもその行動を起こす人間によっては意味合いが異なってきます。

基本的に程度の低い人間は自分の事を極端に考えるので気を付けてください。

何かするにあたっても相手の事を思ってする人と自分の事を思ってする人がいますが、顔で判断してください。

その人が普段どんな行いをしている人なのか。

より良い行いをする人間ならその人に見習っても良いかもしれません。

では程度の低い人間なら?

あなたはそんな人間になりたいですか?

直感を信じましょう。

 

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

 

夢の中の出来事。塾の中の光景。

ここはどこだろう。

塾の中だろう。

何となく見覚えのあるような光景を見てそう思った。

どこか席にでも座っていようかな。

長髪で細身の眼鏡の隣に座った。

なんか愛想のない感じの奴だな。

落ち着かない様子なのでこちらも嫌な気分だった。

すると急に向こうから声をかけてきた。

女の子だと思ってた。

何を言っているんだ?

男色にはとても見えないし、女性不振ってやつなのだろうか?

よくわからないが親しみをもって話しかけてくるのでそれに応じた。

大したことは話してなかったと思うが内容は覚えていない。

どこからか人の話し声が聞こえた。

ここはビルの中にあるらしく、同時に底辺だなって聞こえた。

地下には別クラスがあるらしく優等生はそこへ集まるらしい。

一応の事周囲を確認したくなったので席を立ち、そこら辺を歩き回ってみた。

やはり見覚えがあるような塾の風景で、白い机の隣にはだいたい仕切りで視野が遮断されるようになっている。

生徒の姿は何故だか見えない。

そこの担当をしているであろう職員らしき人間に声をかけたら近場のパソコンの前に座らされた。

ここで何をするのだろう?

ゲームをしていたと思う。

そこで夢は途切れた。

え?なんでこんなに何度も出会うの?偶然の重なり。

偶然ってよくあります。

自分が思い続けている人間に限ってよくあらわれたり最近何となく印象に残った人が偶然にも近いうちに何度も出くわすことがあります。

これは何なのでしょうか?

僕はスピリチャルの人間ではありません。

しかし興味は持っています。

それっぽいことが何度も繰り返されている法則のようなものを何年も生きていれば感じ取っています。

調子の悪い時に調子のいい人はなかなか出会えないのに調子がいい時には次々と素晴らしい人に出会えます。

自分から行っているのもそうですが向こうからいきなり現れます。

人の脳はほんの一部しか意識できないようになっていますが潜在するどこかの部分が反応して無意識に働きかけているのかもしれませんね。

退屈を持て余したくない人間へ送る、有意義?な時間つぶし。

No1:読書

これほど有意義な時間つぶしがあるのだろうか?

目的を持って本を選べばこれ以上にないくらいの有意義な時間となる。

 

 

No2:オーディブル

本読みたいけどなんかめんどくさいなって時は聞き流してしまえばいい。

ただ聞いているだけでも必要な内容は厳選して耳に入ってくる。

 無料で試せるので是非。

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

 

 

No3:hulu

 

Hulu

Hulu

 

 ドはまりした作品があれば永遠に見られる。

ドラマからバラエティーやアニメなど何でもそろってるぞ。

 

No4:瞑想

煩悩を消し去るのだ。

悩んでいる暇があったら瞑想してみよう。

気持ちが穏やかになり、頭の整理がつく。

 

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

 

 

No5:何か書き込んでみる

手書きでなくとも文章をパソコンで打ち込む方が手がつかれなくて楽だと思えばキーボードでもいいと思う。

僕は断固手書き派でしたが慣れるとキーボードの方が早いですしキーボード派になりました。

気持ちをアウトプットするって心地よいですね。

 

No6:どこか行ったことのない場所へ行ってみる

たまには新鮮さを求めてどこか行ってみましょう。

慣れない場所ほど人の脳は活発になって新しい情報を読み取ります。

そこで感じ取れることは多いはずです。

美術館や博物館、山や海もよいです。

あらかじめ予定しなければなりませんがイベントやライブも楽しそうですね。

 

 

No7:人に出会う

ただ人に出会うだけでも時間は潰せますが出会うからには頭を回転させてなにか計画を練ってもいいですね。

自分の事でなく相手の事も考慮して考えつくせばそれだけでも時間はあっという間に飛んでしまいそうです。

 

No8:部屋掃除

部屋が乱れていると心も乱れます。

いらないものがあれば積極的に捨てましょう。

 

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」

 

 

No9:絵を描いてみる。

絵って楽しいですよ。

言葉にできないものを表現すると右脳が使われて世界が広くなったように感じます。

その時の気分に応じて様々な絵を描いてみましょう。

暇つぶしでも描けば描くほど上達します。

 

絵はすぐに上手くならない

絵はすぐに上手くならない

 

 

上級者向け

 

No10:素数を数える

不規則で意味不明な素数

この数にはきっと何か大切な秘密が眠っているかもしれない。

数学者への第一歩となるかもしれませんね。

 

 

素数はなぜ人を惹きつけるのか

素数はなぜ人を惹きつけるのか

 

 

素数表150000個

素数表150000個

 

 答え合わせに。(驚愕)

 

No11:パズル

 こちらが普通のパズル

 

 それでもピースが多いほど難易度は高い。

しかし世の中には奇妙な物が存在した。

実際にやってみましたが開始から30分で闇に葬られましたとさ。

 精神崩壊しない程度に頑張ってください。

生き方には二つあると思う。人を愛して生きるのか、自分本位に相手を傷つけて楽をするのか。

人を愛せる人って東京に住んでいて感じるのは自分本位の人間の方が圧倒的に多い。

みんな自分だけで精一杯で、通りすがりの人間に八つ当たりする人がいる。

悲しい出来事だなって思うよ。

やられた人間の気持ちよりも自分が一瞬でもスカッとすればそれでいいって感覚がなければ出来っこないよ。

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

けど大丈夫。

嫌なことを相手にしない人はいざやられたときに相手の行動が理解できないからダメージゼロだけど攻撃する人には同じ目線で同じ攻撃がダイレクトにぶつかるのが分かる。

相手を攻撃するれば自分に攻撃が返ってくるんだね。

そういう人は同じ人間同士潰しあうけれど、まともな人は介入したくなんてないだろう。

だから争いは同じレベルでしか起こらないし、レベルの高い人は争いのリスクを理解している。

けどね。

なんで人を傷つけたくなるのだろうね。

人を傷つけてるときって深い考えなんてしてないのだから楽だよね。

まじめに生きるって苦しいんだよ。

だってまじめじゃない人の方が多いし甘えてくるよね。

そんな大勢相手してたらぶっ倒れちゃうかもしれないからせめて大切な人だけでもと相手と深くかかわったら裏切られたときの傷はきっと大きいよ。

でも一つだけ得られるものがある。

自分に対しての誇りと周囲もしくは一部の人間から信頼を得られる。

その喜びと言ったらもう言葉では言い表せない。

世の中の嫌なところはね。

大切なところに限って言い表せないんだ。

自分で気づくしかないし、その為にはそれなりの苦労をする。

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

 

 

 

 

 

綺麗に生きるって素晴らしいけど苦しい。

僕は子供のころから思っていた事がある。

絶対に芯は曲げないし自己中な大人になんて絶対にならない。

その夢を見て中学の時にいじめにあって父親の注文にこたえずに殴られてもその苦しみで何が得られるのか分からずに神様を恨んだ。

手を貸してくれる人に囲まれて裏では心配されたり好意を抱いてくれる人もいたみたいだけど当時は何もが見えなかった。

これだけ必死に生きているのに。

僕は人生を精いっぱいに生きた。

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

痛みを共にする人間とシンパシーを感じることがあったり、世の中捨てたもんじゃないなと。

その時は娯楽が何よりも感受性豊かに楽しめた。

そして僕はその素晴らしさを捨てた。

なんて楽な世界なのだろう。

この世の苦しみなんて見なければいい。

相手が苦しんでいるのを見たって何も感じないし、自分に対して相手が悲しんでも何も感じない。

何がそんなに悲しいのだ?

世の中なんてしょせん妄想でその人個人の世界しか見えていないのだよ。

だから僕に対して悲しまなくてもいいんだ。

僕は何も感じていない。

周りからどんどん人が離れて最後に残ったただの同級生は精神が病んでしまった。

こっちの世界は楽なのに。

そんな彼女の事なんて僕はどうなろうが知らなかった。

僕さえよければ他がどうなろうがね。

そして時間がたって退屈しているのに体が動かせなくなった。

動いて何をするのだ?

僕にはもう何もなかった。

相手を思いやることなんてなかったし、寧ろ自分が楽する為には僕の中で存在しないものとした。

周囲を見れば人間関係が荒れ果てている。

気づかないうちに僕がその種を撒いていたのかもしれない。

まず、家族から修復した。

親と仲直りして会話をして興味も持つようになった。

兄弟には兄として威張るのではなく、大切な一人一人の人間として思いやりをもった。

すると今まで見てこなかった人の痛みが分かるようになった。

そういえば同級生はどうなっているのだろう。

今すぐにでも駆けつけたい。

頼むから間に合ってくれ。

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br />
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-9783600481493756",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
</p>

 

今日のお題 「今日の出来事」について書いてみた。

お題「今日の出来事」

さてと、今日三度目のお題スロットです。

どこまで書き続けることが出来るのか自分の限界に挑戦したいと思います。

 

今日の出来事。

 

 

おい。

 

今日って、今はまだ起きてから3時間しか経過していないじゃないか。

この三時間やったことといえば。

 

 

www.hiro24.com

 これ書いて

www.hiro24.com

 これ書いて

 

www.hiro24.com

 これ書いたのだ!

文句あるか!

 

 

外はいい天気だし、みんな外出したし、俺はずっとパソコンの目の前なんだ。

何が足りないのだ?

 

そうだ尺が足りない。

これでは書いたって感じがしなくて困るんだよ。

 

だからこれからの事かくね♡(脱線)

 

これから図書館に行こうかな。

それとも適当に映画見たり適当に散歩でもしますか?

どうしようかな。

 

考えるのめんどくさいからこのままパソコンの前でカタカタしてます。

 

どうでもよすぎる。

 

これでも尺が足りない。

完全に魔が差して汚れた手を使ったのだけどそれでも足りない。

猫の手も借りたい気分だよ。

 

そういえば猫ってさ。

かわいいよね。

 

黒猫のあのシルエットの中に目だけがくりくりとしているキャラクターっぽいかわいさがたまらないんだよね。

地域によっては縁起が良かったり悪かったりもう意味わからないんだけど可愛ければそれでいいのさ。

え?

今日の話題?

うん。

なんのことだかよくわからないな。

 

めちゃくちゃに打ち込んでいたら最低な内容になりました。