より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

悩み抜いて分かった一番のストレス発散方法

人間の一番の敵はストレスだと思います。

こいつに負けたら病気になります。

だから人それぞれにその対策として色んな手段を取っているかと思います。

自分の場合はチョコを食べたり、ゲームしたり妄想したり色んな方法を試してみました。

そのどれもがある方法を除いてモヤモヤを払しょくするには至りません。

むしろ依存から来る副作用を招きかねない状態です。

しかもストレスを発散できないでいると、世の中がストレスで溢れているかのような恐怖に襲われます。

ストレスのある状態ではストレスを更に呼び起こす気がします。

そんな中で出会った方法は

他人のストーリーに共感して泣くです。

「他人の」とあえてつけたのには訳があり、かなり重要だと考えています。

泣くとはそれ自体にとても良い作用を起こします。

頭の中を綺麗にさっぱりと洗い流してくれます。

ただし、自分の事で泣くのは避けたほうがいいです。

なぜならそれは悲観的になりがちで、どうしようもない過去に囚われてしまう恐れがあります。

過去に囚われてはいけません。

あくまでも乗り越えましょう。

 

人は恐らく一人で豊かに生きるには限界があります。

その限界を打ち破ってくれるのが他者の存在です。

自分をないがしろにしろと言っているのではないのです。

他者のストーリーを通して自分を感じてください。

共感してください。

共感というのは人間関係をより良くするだけでなく安心をもたらします。

束の間の自分一人の悲観より、他者と共有できている悲観のほうがよっぽど楽だし、客観できる分だけ前向きにもなれます。

 

だけど、そんないいストーリーって簡単に見つからないと思うけど。

同感です。

都合よく泣けるストーリーは本、映画やアニメ、ドラマから探すにはとても手間だしはずれも多い。

自分に合ったストーリーかどうかも重要になる。

確かにこれらの娯楽から泣くに至るのはハードルが高い。

だけど泣くってそんなにハードル高くないんですよ。

簡単に誰しも泣く方法があります。

youtubeで泣ける動画と調べてください。

数分で見られる実話話が沢山ヒットします。

ここで、恥ずかしいとか絶対に思わないで全力でその世界観に浸ってください。

筆者はよく風呂場を利用して周囲の目を気にせずに号泣します。

人が泣く時って人の勇気とか深い思いやりとかそれが生々しく共感できた時ですね。

それにはフィクションよりか実話のほうがストレートに響きやすいです。

個人的な意見ですが作り物って回りくどすぎるんですよ。

それが返って違和感で泣くに至れない理由の一つです。

泣くなんて複雑に考える必要はありません。

ぶわっと涙を出してしまえばそこから感情が追い付いてきます。

勢いです。

その面youtubeは持って来いです。

動画という性質上、テロップを流すだけに数十分数時間なんて稀です。

中でも選りすぐりの話が見られるので記事を探すよりずいぶん楽です。

 

ベジタリアン一年続けてうつになった理由。

なんかね、闘争心湧いてこないしびくびくする様になった。

ベジタリアンになると慈悲の気持ちとか出てくるけどそれじゃあ世の中生きていけないなって思った。

慈悲深いと基本的に舐められるからそれ以前に人間強くないといけないの。

良い人ほど早く死ぬっていうのはいい人以前に弱い人だと思う。

確かにいい人なんだけど強さがないと生きられない。

強くていい人は長生きすると思う。

 

ベジタリアンの理由だけど、アインシュタインとかレオナルドダヴィンチっていういかにも天才な人が肉食をやめなければ世の中平和にならないとかもっとものように言っているから始めた。

確かにベジタリアンしていると草食動物の気持ちがよく分かったよ。

だけど世の中の人間の大半は肉食だから羊が紛れてると目立つんだよ。

逆に肉食べてる人っていうのは分かりやすい。

サディストかってくらい自分を突き通せる。

これはベジタリアンになる以前の自分でもあるんだけどね。

けどこういう面がないと辛い目見るのは自分自身。

自分がそうだと相手の事そこまで気にしないけど、理解できなくなると怖い。

最近精神が落ち込みすぎて力が出なくなった。

外出するのが怖くて人と目を合わせるのが怖かった。

鬱って呼べる状態ですよ。

原因はベジタリアンだったから。

自分が捕食する立場だと捕食対象を何とも思わない。

だけど捕食者同士はそれだけで警戒する。

肉食っていうのは肉食相手への一種の自己防衛だと思っている。

人間も本能は単純です。

ベジタリアンになって食べ物が与える影響のすごさを思い知りました。

自殺する人とか野菜ばっかり食べてたりベジタリアンが多いんだって。

だから、優しい人にこそ追い込まれたらベジタリアンをやめてほしい。

人間は何かを犠牲にして生きているんだ。

だからって犠牲になる必要はない。

 

家の整理が出来ていないと疲れて病気になる理由。

家にある物はそこにあるだけで波動を発するらしいです。

何故だかわからないけど疲れる。

それは家にあるいらない物のせいです。

とりあえず見えないところにまとめておけばいいの?

これはよくありません。

見えなくても置いてあるだけでそこから波動がにじみ出てしまうからです。

うつ病や病気の人の部屋は散らかっているそうです。

家は休むためにあるのに逆に疲れてしまうようであれば必然的なのかもしれません。

 

いらないものは捨てよう。

家にある物の八割は使わないのではないかと思います。

その代表は本です。

本は一度読んだらまた読む時が来ると思ってしまい、処分に戸惑ってしまいます。

自分はそれなりに本を読むほうですが、二度読む本は片手の指で足りています。

自宅に数百冊、もしくは数千冊の本があってもほとんど読み返さないはずです。

迷ったら捨てるくらいの覚悟が必要でしょう。

最近ではわざわざ買い取りに来てくれる所があるのでまとめて出してしまってもいいでしょう。

ただそれが億劫で何もしないのは元も子もありませんから出さないで直接処分してしまったほうがハードルが低いです。

 

必要な物を集めた時にクリエイティブになれる。

部屋が散らかっているほうがひらめきが生まれるといった天才な人がいますが、その人は天才だからであり、まねしてはいけません。

そういう人は散らかっているようでそれが整理された状態であるだけです。

物がどこにあるのかすべてわかっています。

一般的な人間であれば一目見て散らかった部屋はどこに何があるのか分からないでしょう。

必要な物を探すのにあっち行ったりこっち行ったり結局見つからなければ買い足して後で見つかればいらないものが増えてくばかりです。

散らかった部屋では何をするにも手間がかかって何がしたいのか分からなくなってきます。

iphoneを開発したスティーブジョブズは必要な物は何か考えたところ、部屋に何一つ置かなかったそうです。

そうしていらないものを極限まで追い出して、便利で必要とされ圧倒的なシェアを誇るiphoneが生まれたのでしょう。

いらないものに囲まれているといらない人間関係を引き起こしてしまうと日本一税金を納税しているお金持ちの斎藤一人さんがおっしゃってました。

お金持ちの部屋ほど散らからず、貧乏人ほど散らかっているそうです。

 

シュールな笑いを求めている方にハードルの高いマンガを紹介。

面白い漫画を見つけました。

真夜中の弥次さん喜多さん (1) (Mag comics)

真夜中の弥次さん喜多さん (1) (Mag comics)

 

 主人公は弥二さんと喜多さんのホモカップルのお話です。

絵の調子からしてとてつもなくシュールな作品で、少しグロ要素もあります。

作者は何を考え何を思って描いたのか分かりませんがこの世界観は病的です(笑)。

ストーリーはめちゃくちゃで現実と非現実の狭間がなくなっているので何が何やら分からない。

シュールなギャグとして見れば面白いですが同時に悍ましい。

主人公の弥二さんは薬物中毒です。

そんな薬物中毒者から見た世界のような辻褄が存在しない世界が広がっています。

目の前の世界がコロコロと急に変わったり、実は〇〇だったとかそんな展開が繰り返されます。

その中でも人間らしい人がいて安心する一面があるのですがその人間らしいというのも相対度合いでしかなく、やっぱり病的です。

ネタバレになりますが、彼氏を失ったカップルがいました。

死んでしまった自分を生かすために、幻想を見せるワインがあるのですが、彼女はそのワインを飲み続ける事によって彼氏の存在を感じます。

そして実際に彼女が幻想を抱き続ける間だけ彼氏は現実世界に存在できます。

しかし、そのワインを飲み続けるとキノコになってしまいます。

彼氏はキノコになりつつある彼女にワインを飲ませ続けて存在しています。

彼の為とはいえ病的ですね。

基本的にめちゃくちゃな世界観でついていけない人はついていけないみたいですが、色んな漫画に読み飽きている自分としてはとても楽しめました。

 

ポケモンウルトラサンムーンをプレイした感想

ポケモンウルトラサンムーンが発売されました。

アマゾンでの評価はあまりよろしくない様子。

けどやってみないと分からないじゃないか!

って訳でストーリー途中ですが感想です。

ポケットモンスター ウルトラサン

ポケットモンスター ウルトラサン

 

 序盤のストーリーは同じ?

サンムーンをプレイした人ならわかりますがストーリーはほとんど同じです。

今の所島めぐりについてはいつも通りとなっています。

サンムーンのリメイクバージョンだと思って間違いないでしょう。

新たなキャラクターやストーリー展開を期待していた人にとってはとても残念ではあります。

 

サンムーンとの違いは?(ネタバレ)

序盤はストーリーが同じなのでサンムーンプレイヤーにとっては退屈になると思いますが、新たな要素があります。

まずはシール集め。

町や道路や建物内など至る所にシールが貼られています。

これを集めるといい事が!

 

ネタバレすると、今作ではなんとぬしポケモンが手に入ります!

ただしぬしポケモンとはいえど大きいだけです。

始めてぬしポケモンを使った感想は、

デカい!

それだけかいな。

もう一つの要素にマンタインサーフです。

その名の通り、島と島を渡る時にちょっとしたゲームでマンタインに乗って海をサーフィンできます。

技を決めると大量得点がもらえ、その得点に応じてBPがもらえます。

そのポイントを使って技を教えられます。

 

なんといってもすべての伝説ポケモンが出現するらしい。

今作ではウルトラサンムーンの二つで全ての伝説ポケモンが出現すると公式動画に上がってました。

過去作はもう必要ありません。

かなり図鑑埋めが楽になりました。

 

後半のストーリーに期待。

後半から少しストーリが変わります。

過去作すべての悪役ボスが集結してサカキさまを中心に構成された敵と戦います。

一体どのようなストーリーになるのか楽しみです。

 

感想

正直、同じストーリーをたどるのはあまり面白くありません。

これが初めてのストーリーなら楽しめたと思いますが序盤でトレーナーの視線をかいくぐって早く攻略したいとうずうずしながらレベルの問題で躓いて結局前に戻ってトレーナーと戦う。

ポケモンはゲーム性としてはとても単純で、ストーリーで言えばほとんど単調作業です。

レベル!タイプ!回復道具!

この三種の神器さえそろえればもう勝ちが見えています。

逆にこの要素を欠いているだけでとてつもなく足枷を食らう羽目になるので何世代にもわたってやり続けていると、どうしてもストーリーに重点を置いてプレイしています。

ゲームとしては殆ど飽きています。

ちょっとしたドラマの世界に入っているつもりです。

その面では二年ぶりのリメイクとして、リメイクだと分かっていながらわくわくを得ようとしていたのは間違いでした。

筆者は少年の心をなくしてしまったのでしょうか。

ダイヤモンドパールのリメイク版のプラチナだと思ってプレイしてみてください。

 

 

お化けは意識したら現れる。

昨晩お化けが出てくる、いや出てきたのかな?

って夢を見ました。

洗面台で合わせ鏡をした時でした。

山善(YAMAZEN)  卓上三面鏡 ホワイト PM3-4326(WH)

山善(YAMAZEN) 卓上三面鏡 ホワイト PM3-4326(WH)

 

 一瞬「誰?」って顔が映った気がして飛び跳ねて洗面台から離れて近くの人に泣きついたって夢です。

合わせ鏡とは鏡を向かい合わせるとそこが霊道とかなんとかで心霊現象を呼び起こすとされています。

とはいっても自宅の洗面台は合わせ鏡になっており、自分の生活は昼夜逆転しているので普段から普通に合わせ鏡してますが心霊現象と呼べる現象は一度も起こってません。

実は刺激欲しさに数日前から頻繁に幽霊関係の記事を読み漁ったりしてました。

いつも以上に背後に敏感になったり周りをきょろきょろしたりで記事のせいで精神が挙動不審でした。

そんな甲斐もあって見事に現実(夢)に現れてしまいました。

夢は潜在意識の結晶です。

恐怖にさらされているというメッセージを夢が送ってきたのでしょう。

そして、もっとやばいのは夢でなく現実に現れた時でしょう。

個人の意見ですがそのレベルになると脳が現実に幻想を作り出しています。

一度その癖がついたら治る保証は知りません。

興味を持つのはいいですがあまり深入りしすぎると自分も飲み込まれてしまいます。

興味さえなければ普通に生活できていた人が恐怖に取りつかれるあまりに私生活を乱されるなんて得るものがないのでほどほどにしましょう。

 

お子さんの成長期にカルシウムとビタミンDが補給できるお菓子。

 

こちらのお菓子。

見るからにウェハースですがなんとこのウエハース一枚の中に340mgのカルシウムが。

一日に必要なカルシウムの半分以上が入っています。

1日に必要なカルシウムの摂取量は650mgです。しかし、実際は男性で1日平均520mg、女性は489mgしか摂取していません。

骨にカルシウム ウエハース 40枚

骨にカルシウム ウエハース 40枚

 

 それだけではありません。

この商品にはカルシウムと相性の良いビタミンDが含まれています。

 

ビタミンDとは?

食事から摂ったカルシウムは小腸の丈夫で吸収されます。 このとき、カルシウムの吸収を助ける栄養素がビタミンDです。 さらにビタミンDは血液中のカルシウムを骨へ吸収させるときにも必要となります。

つまり、丈夫な骨づくりにはカルシウムとビタミンDが欠かせない栄養素となります。

 

 

食べ過ぎ注意!

実際に食べてみました。

味はそのまんまウエハースで、変な癖のある味とかしませんでした。

寧ろ普通においしいのでもっと食べたいと思ってしまいます。

 

これだけおいしいのですから小さなお子様でも喜んで食べてくれるでしょう。

ただし、食べ過ぎは禁物です。

いくら成長期と言えども過剰な栄養素はかえってよくありません。

バランスが大事ですので毎日一枚の目安を守って摂取するようにしましょう。

 

お財布にも優しい。

お値段は一袋40枚で398円

しかも送料無料です。

一日分の一枚当たりたったの10円です。

 

お子様だけでなく大人にも

カルシウムは不足するとイライラしやすくなります。

栄養は気持ちに影響を及ぼします。

しかし、忙しくて補給できていないなんて人もいるのではないでしょうか?

そんな人におススメします。