読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

より良く生きる

オナ禁など禁欲生活をしています。事の本質を見極めてどうすれば人は心地よくいられるのかそんな事を考えてます。

読書初心者の君へ。どうやって本を読めばいいのか教えます。

【スポンサーリンク】
 

僕は読書を始めてから二年で大体三桁は読んだと思う。

昔から読書を重ねている人には適わないしこんな初心者がなにかアドバイスだなんておこがましいのだけどこれから読書を始める初心者には伝わりやすい内容を提供出来たらいいなと思う。

読書には精読派と速読派がいる。

精読とは一つ一つの文章をかみしめる様に味わって読む方法で、速読はとにかく早く読み、より多くの本に触れる人が実践している。

初心者はどちらの読み方がいいのかというとどちらでもいいと思う。

用途に合わせて好きに読めばいい。

 

「ふざけるな!」って言われそうなので勿論説明する。

 

初心者は本というものがどんなものなのか知らないのでどんな本を手にとっても初めての情報が沢山あって一つ一つの情報が価値の高いものになる。

というのはある程度の読書をこなす人ならこの情報は知っているというのが増えてくる。

だからいちいち知っている情報をゆっくりと精読するのは時間の無駄でしかない。

そこをうまく飛ばして必要な情報を抜き取るために目を泳がせる。

これが速読だと自分では思っている。

実は速読と多読では使う脳みそが違う。

ゆっくり文字を読むようにしていると言葉を操る左脳が使われる。

左脳の特徴としては狭い範囲で物事を捉える傾向にある、因みにネガティブ思考になりやすい。

右脳では左脳とは比にならないスピードで情報そのものを見る。

情報に対して疑問する事もなくただ情報そのものを見ていると言えばいいのだろうか。

インプット作業ではこちらが優秀だ。

右脳ではポジティブ思考になる。

 

どちらでもいいとは言ったものの初心者の場合は一つの本を精読することをお勧めする。

あえて速読をお勧めしなかった。

いきなり速読しようにも必要な情報を読み飛ばしてしまっては意味がない。

読書を有意義にしたいと誰もが考えるだろう。

いくら本を読んでもそれを物にしないで知識を腐らせてしまう人はたくさんいる

まずはしっかりと自分に合った本を読んで自分のものにする。

速読はそれからでも遅くはないじゃないか。

知識だけの頭でっかちになりたいならいきなり速読していいと思う。

机上の空論の中で彷徨っていればいい。

 

では何を読めばいいのと思った人はいくつかの本を紹介する。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 人間関係を見直したい時に。

人間関係に悩む青年とアドラーの考えを知る哲学者が討論する。

そして少年は哲学者の考えに反発する。

ルフレッド・アドラー(1870-1937)。フロイトユングと並び称される心理学の三巨頭の一人です。個人心理学という新しい心理学を創設し、教育や人材育成、カウンセリング等の領域で、今も大きな影響を与えています。

「そんなわけないじゃないか!」

その反論を掬い取って哲学者は青年にアドラーの考えを説く。

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 嫌われる勇気の続編。

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 生活習慣の見直しするビジネス本は数多くあるけどこれ一冊を実践してしまえばあとは必要ない。

お金持ちが役に立ったと一番に名をあげる本が七つの習慣らしい。

 

ビジネス本はこれらの本だけで事足りていると思う。

必要以上に調子に乗って初心者が迂闊に本を紹介してはいけないと思うので小説などは他のサイトを参考にしてほしいけどあえて小説でおすすめしたい本を挙げるとするならこちら。

 知能遅れのチャーリーは周りのみんなと仲良くしたい。

そのためには頭を良くすればきっとみんなと友達になれる。

そうしてチャーリーは知能を上げる実験の実験体となる。

日々頭が良くなって様々な事実に気付く事になり、それでも周りの人間とどうすれば仲良くなれるか考えるも天才となりながら苦悩に悩まされてしまう。

チャーリーの純粋さに多くの人が涙するのではないか。

これから多くの本を読むに至って間違いなく賢くなる。

しかし賢くなるとはどういうことなのかチャーリーを通じて思い知らされることになるだろう。

この本は読書を始めたばかりに手に取った本ですが今まで読んできた中でもこの本よりも感情移入した本はありません。

 

まあ、本は人生を豊かにするためにあると思うので楽しんで読めばそれでいいと思います。

何かに行き詰まったりしたときはきっと本が助けてくれます。

しかし、世の中にはお金のために作られた本が沢山あります。

それがすべて無駄になるとは言いませんが、愛のこもった良い本に巡り合えると良いですね。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

ヤンキーは生まれが悪い苦しんでいる立場なので距離を取って基本放置で構わない。

【スポンサーリンク】
 

東京の治安の悪くない住宅街に暮らしていると今時ヤンキーなんて天然記念物ではないかと思うのだけどちょっと人気のない通りに出ると争いを求め、がん飛ばしてくる人がいる。

目を合わせたらファイトが始まるゲームの世界にわざわざ参入する必要もないので出来れば関りを持たずに距離を取ることが最善の方法だ。

もし被害を受けたらどうするのか?

自分は悪くなくても許してもらうために謝ればいい。

お金を取られてしまった。

【スポンサーリンク】
 

この怒りはどうすればいいのか?

確かにそれは理不尽だろう。

しかし冷静になって彼らの立場を考えてみよう。

悪さをする人間は修羅の世界で生きるしかない。

そんな苦しい世界で生きてる人間に苦しみを与えようだなんて意味のない話だ。

可哀そうな人間なのだから許してあげよう。

人から奪い取ったお金はロクな事には使われない。

悪さはいつか返ってくる。

信じられないと思うが世の中そうやってできている。

自分で歯止めができないなら周囲で衝突を繰り返して減速していく運命なのだ。

少なくとも自分は彼らよりは良い生活をしているはずだ。

まともに生活できて人に対しての感謝を知っている幸せを知る人間なら悪さなんてしない。

 お金に恵まれて人格破綻している人もいるけれどその人は金に恵まれながらも人間に恵まれない可哀そうな人間なのだ。

満たされてる人間に悪いやつはいない。

 

彼らはなぜ人に危害を加えるのかというと普段から自分に対しての視線に恐怖している。

家庭内に問題を抱えていると人がみんな自分とは違う敵に見えてしまうのだろう。

平和で暮らしている人がいる一方で周囲の視線にびくびくしながら暮らしている弱者なのだ。

とてもかわいそうな存在だ。

そこから抜け出そうとする人は助けるべきなのは社会としてそうするべきだけど、狂ってしまった人間には同情しなくていい。

引きずり込まれてしまう。

彼らは自分自身の力で乗り越えるしかないのだ。

彼らが自ら更生するまでは見守るくらいにしとかなければならない。

【スポンサーリンク】
 

オナ禁100日 豆乳とノコギリヤシの危険性について語る

 どうもオナ禁200日からリセットして100日が経過しました。

以前のブログではその前の90日目まで無気力状態が続いていることを書いています。

www.hiro24.com

 そこから100日目でいったい何が起こったのか。

その前にオナ禁生活の見直しがありました。

タイトルが気になった方ならわかると思うのですがオナ禁において性欲を抑える方法として豆乳やノコギリヤシがあります。

こちらは一見効果があるようですが続けてやっているとあることに気づきます。

「あんまり効果ないしなんだか無気力」

効果がないというのは言いすぎました。

ストイックな方ならジャニーズみたいな中性的なイケメンになれます。

ただし、オナ禁において大事なのは前頭葉を鍛えることです。

この前頭葉を鍛える方法は性欲を抑える事なので、そもそも性欲を取り除いてしまえば鍛えるも何もなくなって無気力になります。

効果もほとんど感じられず、ストレスの掃き溜めみたいにひどい扱いされたりもしました。

どうせならワイルドなイケメン目指したほうがモテるし効果も実感しやすいです。

ジャニーズもよいですがその道にはホルモンバランスの崩壊と男としての地位の低下、両方を経験するといった非常につらい経験をするかもしれません。

何よりも豆乳やノコギリヤシに頼っても性欲のはけ口として夢精しやすくなります。

夢精は基本的にリセット扱いではないってのが多いと思いますがオナ禁効果はそれなりに削られます。

勘違いしないでもらいたいのですがここでいう性欲を抑える効果とエロ禁は全く別物です。

エロ禁は基本と言っていいです。

エロい事が一切湧いてこない。

これが正常な状態ですけど無理やりこの状態になるために発展途上からいきなりその領域に足を踏み入れてはならないのです。

自力で壁を乗り越えてこそその対価が得られます。

「ムラムラしてしょうがない。」

せっかくですから何かに取り組みましょう。

性欲はエネルギーです。

これを力に付けることを偉人たちや多くの成功者たちは実践している事でしょう。

ムラムラしてるなと思ったら何かをやり遂げるチャンスです。

そのエネルギーを付ける為のサポートとして亜鉛アプリがあります。

ディアナチュラ亜鉛(60日)

ディアナチュラ亜鉛(60日)

 

効果を一層強めてくれます。

 

 

落ち込んでいるとよりネガティブなものに巻き込まれてしまう

なぜ、落ち込んでいる時のネガティブ思考はよくないのでしょうか?

具体的に悪さをするのは「自己スキーマ」というものです。

スキーマとは行動や物事のとらえたかの枠組み・体系です。

そして、そのパターンというのは人によって様々です。

うつ状態にある人は、自分に関する否定的な情報をよく思い出したり、それをもとに物事をとらえたりする傾向が明確に出ることが分かっています。

しかし、落ち込んでいる時はなぜか悪い方向にばかり考えてしまうのです。

不思議なのは他人について考えるときはそのような傾向は出ないのですが、自分の事は否定的な事だけをよく思い出すようになり、そのことでますます落ち込んでしまう悪循環、負のスパイラルが生じてしまいます。

そういう時はネガティブを発する場や物を遠ざけるとよいです。

例えばネットの掲示板や批判的なコメントの集まるレビューサイト、また、ネガティブな言動の多い人、自分でコントロールできる範囲では意識的にこれらから離れるようにしてください。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

怒りは発散することにより、より激しい怒りがわいてくる。

ストレス社会と言われるように周囲の人間に当たったり、SNSではガス抜きのつもりなのか目に余るほどの人が愚痴や相手への攻撃として怒りを発散しているのを見かけます。

フィンランド大学のネゥヴォネンらによる研究で、世間や他人に批判的な物いいをする度合いを測る実験が行われました。

この結果「人を信用できない」と考えて攻撃的な物いいをしている人は、認知症になるリスクが高くなるという結果が得られたそうです。

日常生活であれネット上であれ他人をののしることを繰り返していると自然とののしり体質になってしまうのです。

これに関連してブッシュマンらの研究があります。

実験では被験者たちに「怒った時はパンチングバッグを殴ると怒りの解消に効果的」という記事を読ませてそのあと怒らせてみてどんな行動に出るかを調査したものです。

その結果、パンチングバッグを殴った被験者はバッグを殴ることを楽しんだものの、怒りは収まるどころか、怒りの対象相手、ひいては関係ない人まで怒りをぶつけるようになったそうです。

つまり、怒りの行動は、一度でも表現すると広がってしまうということです。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

やけ酒をしたら逆に嫌な記憶、気持ちがより強く定着してしまう。

【スポンサーリンク】
 

東京大学院薬学系研究科の野村・松木の研究ですがネズミに電気ショックを与えアルコールを注射しそのあとどのように振舞うか調べた実験があります。

アルコールを注射されたネズミは電気ショックの事を忘れるどころかかえって電気ショックの恐怖を強め、臆病になってしまったのです。

一般的にお酒を飲み続けて記憶を失うことがあるのはよく知られていますしやけ酒もそうやって忘れてしまいたいと思いがもとになっての行動なのでしょうが、忘れるどころか強化されてしまうわけです。

それどころかアルコールを常習すると嫌な記憶を消す能力が下がるという、アメリカ国立衛生研究所のホームズらによる研究結果もあります。

仮に毎日のようにやけ酒を飲んでるとしたら、嫌なことの記憶がどんどん鮮明に脳裏に刻まれてゆきどんどんと消えにくくなってしまうのです。

ほどほどに正しく付き合っていかないとなりませんね。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

不安症の僕が思う不安を解消する方法。

なんだかよく分からないけど不安ですよね。

たぶんそういった人がこちらを見に来ているのではないかと思うのですが自分の考えはどこまであてになることができるのか分かりません。

嘘を付きたくないので言ってしまいますが僕は不安の一切から解放されていません。

不安は解消してないですが、不安を見ないようにする。

は出来ました。

【スポンサーリンク】
>  

不安には方法があります。

何もしないでじっとしてください。

現実が見えてきました。

過去に嫌な思いがあったとか頭が聡明な人ほど不安を探すのが得意だと思います。

その不安はどこから来ていますか?

僕には分かりません。

思い当たることがあってもその感情が役に立つ必要な物だとは思いませんでした。

どうしようもないことが多く、どうにかなる事はありません。

だけどどうにもならない現実を言うなら、もっと気楽に自由な時間が与えられる社会になれば不安は不安としてではなく立派な哲学になると思うんです。

その能力が社会には必要とされていない、それがどうしようもない苦しみになっているのではないでしょうか?

不安そのものは決して悪いものではないと思うのです。

不安は敬遠されがちですがあまりにもネガティブに悪くとらえられすぎではないかと思います。

不安を抱くということは現状に満足していない→それなら他の方法を探ってみよう。

って自分の場合なるので逃げられないのが原因なんですね。

解決方法はいくつか例を挙げてみます。

・頭の整理して色々と変えてみよう

・そんなの考えるだけ無駄だからやることは割り切ってやってしまおう。

僕はこれをを交互に切り替えています。

普段は後者の考えで割り切ってますが、時々は自分の方針を確認する為にあえて不安と向き合って考えたりします。

ちなみに後者っていうのは当事者としてはそんな簡単に切り変えられるかって思うかもしれません。

その通りだと思います。

それを乗り越えるためには目的をただひたすらにこなすしかないと思います。

悩んでもいいから体を動かしながらって感じでやってると自然と小さくなります。

人の構造からして感情は行動の後に付いてくるものみたいです。

考える前に動けってことですね。

後は、好きな事やりまくってしまいましょう。

とはいえお酒とか脳内の快楽物質を不自然に刺激してしまうものは避けるべきです。

人は生きる糧としてドーパミンという快楽物質を程よく発生させています。

それを不自然に大量に放出させてしまうのはおしぼりをきつく搾り取った後みたいになかなか出てこなくなってしまいます。

ちなみに僕はゲーム実況を見るのが好きです。

話それてしまいますがゲームを楽しむ才能がないんですよ。

だからゲーム好きの人がどのようにしてゲームを眺めてるほうが楽しかったりするんです。

話が面白いのもありますが何よりも実況者がゲームを心から楽しんでいるのが伝わってきてこちらまで楽しくなってしまいます。

漫画も好きです。

一番好きな漫画はナルトです。

NARUTO -ナルト- 1 (ジャンプ・コミックス)

NARUTO -ナルト- 1 (ジャンプ・コミックス)

 

 繰り返し読んでいるのはこの漫画くらいだと思います。

個人的にうちは一族の話には何度も泣かされています。

うちは一族以外にも人間の繊細な感情が心を揺さぶって何度も泣いてます。(なぜだかナルトには呆れるくらいに泣いてしまいます)

この泣くって感覚は大事です。

動物の中で感情で泣くのは人間だけなんですよ。

これはほかの動物にはない精神的なストレスに対抗するために身に着けた武器なんだと思います。

さすがに何も考えないで生きるだなんて虚しすぎるので感情に触れるのも大事だなって思います。

自分を大事にできなければ他人も大事にできませんでした。

不安ってなんだかんだ言って原因は人間関係なんですよ。たぶん。

だから自分を大事にして相手も大事に扱えたら関係もうまくいって解決するかもしれません。

人を大切にする順番は自分から初めて他者に感情をぶつける相手が親なんです。

その親に問題を抱えている人はもしかしたら憎んでいるのかもしれません。

それは不安の原因になります。

親を許せていますか?

もしよければこちらの本を参考にしてください。

読者の9割が泣いています。(僕も含めて)

相手は自分を映す鏡です。

完全版 鏡の法則

完全版 鏡の法則

 

 本の紹介ばっかりしてしまいました。

堂々と不安を解消すると言ってしまった以上は責任転換しなければという心理が働いた結果と思われる。

お役に立てたでしょうか?

ここまで読んで頂きありがとうございます。

なんとなく不安でこの記事を書き始めたのですが今となっては僕も穏やかです。

気付いたらもうこんな遅い時間だ。

お休みなさい。

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】